町田版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

里山で稲刈り体験 三輪小の5年生が

教育

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena
児童自らの手で収穫した
児童自らの手で収穫した

 町田市立三輪小学校(高澤善幸校長)の5年生(91人)が17日、地域の田んぼを借りて育てた米の稲刈りを行った。

 児童らは5月に田起こしと田植えを終え、7月には草取りも実施。好天に恵まれたこの日、前日の雨でぬかるむ土に足を取られながらも、必死に作業する様子が見られた。児童の一人は「案外大変だったけど、コツをつかんだら面白かった」と話した。刈った稲は束にまとめ、学校へ運ぶ。今後、精米してから「感謝の会」で配布される予定だという。

 三輪小の米作りは2005年に地域の人々の協力を得てスタート。「苗床作りや水やり、畦作りなど、日ごろから子どもたちの活動を支えていただいています」と高澤校長。稲刈りのときも地域のボランティアが鎌の使い方を指導し、子どもたち自身で収穫するのを手伝った。地域の人と交流しながら、貴重な体験を満喫する児童たちの楽しい声が里山に響いた。

稲穂を手に笑顔を見せた
稲穂を手に笑顔を見せた
今年も豊作になった
今年も豊作になった

町田版のローカルニュース最新6

初不動・だるま市

特別開扉

初不動・だるま市 文化

木曽観音堂

1月20日号

町田市バイオエネルギーセンター開所式

町田市バイオエネルギーセンター開所式 社会

関係者ら約100人で祝う

1月20日号

叙情歌で元気与え

叙情歌で元気与え 文化

桜実コーラス・大村みのりさん

1月20日号

8人表明、一発芸も飛び出す

8人表明、一発芸も飛び出す スポーツ

ゼルビア 新加入選手会見

1月20日号

92歳、流麗なトークでUMA語る

市内在住の動物研究家・實吉さん

92歳、流麗なトークでUMA語る 社会

1月20日号

オリンピアンに「夢」もらう

金井小

オリンピアンに「夢」もらう スポーツ

バドミントン男子ダブルス 遠藤大由選手

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook