町田版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

鶴川の自噴井のルーツを探ったら 井戸職人の古い日記から歴史を読み解く人々に出会った

文化

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
井の花バス停近くの自噴井
井の花バス停近くの自噴井

 鶴川の地下に水脈が―。取材先に向かうため車で芝溝街道を走っていると、井の花バス停近くの道沿いに水がジャージャー流れている井戸を発見。いつからあるのだろう?探ってみよう。

 鶴川市民センター、鶴川地区協議会で調査をし、自由民権資料館に行きついた。そこでは過去に鶴川の井戸についての企画展などが行われており、担当していた元学芸員の杉山弘さんに話を聞くことができた。

 野津田や小野路、大蔵町、能ヶ谷、真光寺、岡上(川崎市)など鶴川の広いエリアで自噴する井戸が多数存在する。多くは農業用水や、庭用や洗濯などの生活用水に使われており、今でも現役のものや災害用に整備されているものもある。

井戸職人の日記

 現在は引退しているが、能ヶ谷に神蔵喜代勝さん(78)という井戸職人がおり、神蔵さんの元には父親の喜久治さんが1920年〜1965年の間にしたためた4冊の日記が残されているという。井戸作り45年間の記録とともに、当時の町の様子などが書かれている。その作業記録的な日記を読み解き、刊行しようとする有志からなる「井戸の会」が存在する。杉山さんもメンバーの一人だ。

 江戸時代から井戸掘りを生業とし「掘り抜き」という手法で代々井戸を掘ってきた神蔵家。高さ5、6メートルのやぐらを立て、地下深く掘り進む竹ひごを直径2mの車で巻き取って土を回収する。竹のしなりを利用し、人力だけで数百メートルを掘り、水脈を探り当てる技術で千葉県(上総地方)から全国に広まった「上総掘り」と呼ばれている手法に近い。取材のきっかけとなった自噴井は違ったが、神蔵さんが「掘り抜き」で掘った井戸は鶴川に無数に残っている。

 日記には日々の井戸作りの作業とともに、戦争や関東大震災の生々しい記述なども残されており、当時の町の歴史が読み解ける貴重な資料となっている。「伝統技術の伝承としても世に広める価値がある」と杉山さん。解読を始めてちょうど10年、来年度には一冊の本として出版される。

神蔵さん(手前中央)と井戸の会メンバー
神蔵さん(手前中央)と井戸の会メンバー

町田市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

町田版のローカルニュース最新6

木々が色づき秋飾る

薬師池公園

木々が色づき秋飾る 社会

11月1日から紅葉まつり

10月29日号

飾りづくりも佳境に入る

2021年の干支は丑

飾りづくりも佳境に入る 文化

町田市大賀藕絲館

10月29日号

自然の中で心地よいにぎわい

自然の中で心地よいにぎわい 文化

11月3日 のづた丘の上秋まつり

10月29日号

三輪の里山散策の楽しみ伝授

三輪の里山散策の楽しみ伝授 社会

鶴川地区協議会

10月29日号

初黒星からの連敗

ペスカドーラ

初黒星からの連敗 スポーツ

ホーム、翌日アウェーの連戦

10月29日号

みんなの居場所で遊ぼう

みんなの居場所で遊ぼう 教育

おむすび食堂が新しいスタイルで再開

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

町田の民権家を知る機会

町田の民権家を知る機会

自由民権資料館

10月24日~3月28日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク