町田版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

玉川大学 新校舎の竣功式が開かれる SDGsを意識した環境整備

教育

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena
メディアに公開されたガラス工房
メディアに公開されたガラス工房

 玉川大学(小原芳明学長)が1月18日、4月から運用を開始する新校舎「Consilience Hall 2020」の竣工式を行った。同校舎はSDGsを意識した環境を整備し、主に工学部・農学部・芸術学部が共有する基礎実験の拠点として活用される。

 竣工記念講演には秋山仁東京理科大学特任副学長が登壇。「芸術と数学 未来を拓く」と題し、手作りの道具を使いながらアートと数学の関連性などをわかりやすく語った。

 メディア向けの内覧会では、さまざなま実験のニーズに合わせ稼働できる実験台が配置される実験室などを設計スタッフが同行して公開。道路に面した1階には陶芸、絵画、工作などのものづくりができる各工房を設置され、作業風景を見ることもできるという。「総合大学では珍しいガラス工房には溶解炉を設置し、本格的なガラス制作にも対応します」と広報課の金子勲課長。

LGBTに配慮

 光や風を効率的に取り入れる外装デザインが特徴。一般的な理工系大学に比べて一次エネルギー使用量を20%削減し、省エネ設計等、SDGsを意識した校舎環境を整備。また、LGBTに配慮し、男子・女子トイレ側に多目的トイレを設置し、節水型衛生器具で水資源を70%削減する。

 新校舎の運用開始により、同大が2009年から進めてきた5つのホールからなる異分野融合の人材育成の場「ESTEAMエリア」が完成したことになる。

町田版のローカルニュース最新6

「でっかいお馬」に熱視線

幼稚園に騎馬隊登場

「でっかいお馬」に熱視線 教育

6月10日号

市の活動に賛同し生理用品を寄贈

市の活動に賛同し生理用品を寄贈 社会

国際ソロプチミスト町田

6月10日号

市とゼルビア 連携協定結ぶ

市とゼルビア 連携協定結ぶ 社会

ハンドタオル2650枚寄贈

6月10日号

映える風景 テーマに

映える風景 テーマに 文化

再開した国際版画美術館

6月10日号

元気と力を与えたい

玉川学園出身のダンサー

元気と力を与えたい スポーツ

東京ガールズ 宮野茉莉さん

6月10日号

初夏の花々を愛でる

初夏の花々を愛でる 文化

しょうぶ・あじさいまつり

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter