神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
町田版 公開:2024年6月13日 エリアトップへ

町田出身歌手 乳児専用劇場、設置の夢 鶴川から 周知に奔走

教育

公開:2024年6月13日

  • X
  • LINE
  • hatena
代表のあらたにさん
代表のあらたにさん

 町田にベイビーシアターを広めようと活動する女性がいる。歌手のあらたに葉子さんはコンサートで全国を回り、子育てに悩む人たちと接するうちに「相談場所としても機能する乳幼児専用劇場を作りたい」と考えるようになった。現在は定期的な公演を通して、周知を続けている。

反応豊か

 ベイビーシアターとは、ヨーロッパ発祥の乳幼児とその親のための舞台芸術を指す言葉。舞台といっても演者は壇上に上がらず、フラットな場所で子どもと目線を合わせ、ダンスや歌を披露するという。そのコンサートに参加する子どもの反応は、音に興味が向く子もいれば、人の動きを観察する子、おしゃべりな子など、十人十色。あらたにさんはその場で「子ども達との交流」が生まれるベイビーシアターに惹かれ、設置の夢を抱くようになった。

 あらたにさんが鶴川で取り組みを始めたのは2020年だが、日本での動きが始まった10数年前からベイビーシアターの歌手として全国を回っていた。コロナ禍をきっかけに公演が減ったことで、町田での開催を本格的に始動させた。

 代表を務める「町田にベイビーシアターを広げる会」では、0〜3歳児までの乳幼児とその保護者、妊婦を対象に公演を行い、終演後には楽器を自由に体験できる時間を設けている。町田はあらたにさんにとって、小学校6年生から結婚するまでの時間を過ごした場所であり、愛着がある。「子育てがしやすいといわれ、人口も増えている町田市だからこそ、コミュニティとなる場所が必要」と話す。

育児の悩み解消

 一方で核家族化が全国的に進行する中、「親一人での子育て」が増加したことであらたにさんが感じたのは、育児の悩みを気軽に相談できる場所の少なさ。コンサート後の楽器体験は、その解決手段とも考えており、そこでの親同士の交流に期待する。楽器で遊ぶことで心がほぐれ、悩みを打ち明けられることもあるという。

 現在は和光大学ポプリホール鶴川(能ヶ谷)を中心にコンサートを開きながらも「専用の劇場が必要」と考えるのは、文化と子育ての融合する環境の重要性を感じているからだという。相談目的だけなく、日常から足を運びやすい文化的な施設は、コミュニティ作りの機会になると考える。「社会に文化があってこそ豊かな人生になる。文化に親しみがあると、自然と他者を大切にすることを学べる」

 ベイビーシアター専用劇場の設置を目指し、現在は周知活動を行っている。演者と来場者がフラットであるその場は、子どもの感性を育むのに大切な時間と捉えている。賛同者を募ると共に、公演を重ね資金を蓄えていく。「いつできるかわかりませんが、必ず町田に作りたい」と話す。

町田版のトップニュース最新6

水球でパリ五輪へ

三輪町在住伊達さん

水球でパリ五輪へ

世界に挑戦 「楽しみ」

7月18日

街の課題に視野

町田駅周辺市街地団体

街の課題に視野

幹事長に加盟商店会長

7月18日

猛暑の脅威 町田でも

猛暑の脅威 町田でも

市 熱中症対策に施設開放

7月11日

「高校生枠」設け、着用促す

自転車ヘルメット補助金

「高校生枠」設け、着用促す

町田市 今月、受付開始

7月11日

「トリマー技術」保護に生かす

成瀬在勤森野さん

「トリマー技術」保護に生かす

コンテストで先ごろ、優勝

7月4日

障害者理解に部発足

町田市議有志ら

障害者理解に部発足

パラスポーツ通じ目指す

7月4日

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook