神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2022年6月17日 エリアトップへ

ワクチンデータに深刻な不正が発覚 市政報告 市は議決なく接種事業開始 大和市議会議員 石田 裕(虹の会)

公開:2022年6月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

接種したのに未接種扱い

 厚労省はコロナの新規陽性者の割合をワクチン接種歴ごとに分類し、接種なしの陽性率が圧倒的に多かったことからワクチンの感染予防効果の論拠として広く喧伝してきたが今回、根底からそのデータが覆るデータ集計の不正が発覚しました。

 ワクチンを「うった陽性者」の8割から9割にも及ぶと医療機関も指摘する「接種した日付の分からない陽性者」を大量に「うっていない陽性者」として計上していたという真逆のデータ集計が発覚。国は突如、データを修正しました。

 5月11日の修正後、未接種の陽性率が激減し、2回接種の陽性率と変わらないどころか、年代によっては2回接種の方が陽性率が高くなる統計不正が明らかになりました。しかも修正後、未接種扱いされていた接種済み陽性者を「接種済み」に計上せず「接種歴不明」に計上しており、接種済み陽性率はさらに高くなりかねず感染予防どころか感染拡大に繋がりかねません。電話で厚労省のコロナ対策本部戦略班に確認し録音も残っています。

 なのに、市は国の示した接種スケジュールに間に合わないと5月16日に議会の議決を省略する緊急措置「専決処分」を発動して、一方的に接種事業を開始。専決処分の濫用は独裁を許しかねません。データ不正に対応もせず、4回目接種を実施方向となったので、議会で問題を追及しました。

●質問

 専決処分は地方自治法で「特に緊急を要するため議会を召集する時間的余裕がないことが明らかであると認めるとき」と要件が定められているがどこに専決処分に足る緊急性があるのか。なぜ臨時会を招集しなかった。

●答弁

 4回目接種につきましては予防接種法に基づき実施するもので、国から示されたスケジュールに則り速やかに接種できるよう専決処分した。

●質問

 データ修正をどう捉えるか。それを受け接種意義をどう考えるか。広報等を通じてデータ不正を市民に周知すべきで接種開始は困難ではないか。

●答弁

 データの集計方法の変更が不正であるとは捉えていない。

●意見

 この間、真逆のデータで感染予防効果が90%などと、連日、報じられ大勢の人が接種してきた。これまでも指摘してきたが1、2回目接種が集中した時期に過去に前例のない前年比死亡者数が急増し3回目接種が行われた時期にはそれをさらに上回る死者の急増が起こっている。接種には3兆円もの費用がつぎ込まれ、接種後に後遺症が残ったり、亡くなった方や子どもも死んでいる。その上、接種することで感染拡大していたことすら伺えるデータ不正が発覚する異常事態なのに国が言ったからと目をつぶってやる。データ不正になんら対応しないまま、この専決処分を容認することはできない。

大和市議会 虹の会(石田裕市議)

大和市上和田1836-10

TEL:090-6691-3686

inadi081215@gmail.com

大和版の意見広告・議会報告最新6

市議会議長に選出されました

意見広告

市議会議長に選出されました

大和市議会議員 青木まさし

5月17日

「5類感染症」移行から1年

意見広告

「5類感染症」移行から1年

大和市議会議員 青木まさし

5月3日

大規模災害に備え、衛星通信システムを配備へ

県政報告

大規模災害に備え、衛星通信システムを配備へ

公明党 神奈川県議会議員 谷口かずふみ

4月26日

「7つの誓い」胸に門出

意見広告

「7つの誓い」胸に門出

大和市議会議員 青木まさし

4月19日

県の課題解決に向け先進事例を調査

県政報告

県の課題解決に向け先進事例を調査

神奈川県議会議員 野内 みつえ

4月5日

一般質問に登壇しました

意見広告

一般質問に登壇しました

大和市議会議員 青木まさし

4月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

災害に向けた健康対策を

災害に向けた健康対策を 文化

6月1日にオンライン講座

6月1日~6月1日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook