神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

サウナの風に元気乗せ 熱波師「TOMO」さん

文化

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
タオルを豪快に振り下ろし熱を送る
タオルを豪快に振り下ろし熱を送る

 市内唯一のスーパー銭湯「おふろの王様高座渋谷駅前店」(渋谷5の22IKOZA5階)のサウナ室で、利用客に熱い風を送る熱波師がいる。

 3月7日(サウナの日)午後8時、男性サウナ室では20人を超える客が集まる中、毎週木曜日の人気イベント「TOMOローリュ」が始まった。担当するのは同店の村田朋美さん(48・上和田在住)。「TOMO」の名で熱波師を始めて8カ月になる。

 この日の室内温度は、約100度。村田さんがサウナストーンに柄杓でアロマ水をかけると、高温の蒸気が室内に充満し、客たちは次々に苦悶の表情を浮かべる。蒸気を発生させ発汗を促す入浴方法は「ローリュ」と呼ばれ、イベント名もこれに由来する。

 村田さんがタオルを振り回し、蒸気をかく拌させていく。発生した蒸気をタオルであおぐことをドイツ語で「アウフグース」と言うことから、熱波師は「アウフギーサー」とも呼ばれる。

 タオルで熱波を送られるとたちまち全身から大量の汗が吹き出し、一人、二人とサウナ室から水風呂へ直行。その後、客たちは外気浴スペースで「ととのう」と表現される癒しの時間を満喫する。「サウナで汗をかき水風呂に入った後、外の風にあたると心地よくて」と村田さん。サウナに入った日の睡眠の質や代謝、味覚は「劇的に良いんですよ」と笑顔で効能を説明する。

「体力の限りは」

 「まったくサウナに関心がなかった」という村田さんが熱波師に目覚めたのは、今から1年ほど前。全国の温浴施設で活動するアウフギーサー・鮭山未菜美さんの熱波を受けたことがきっかけだった。同店でもアウフグースを行う鮭山さんから指導を受けながら村田さんは、昨年3月に「熱波師検定B」を取得するなど腕を磨いていった。

 昨夏、試験的に始まった「TOMOローリュ」だが、今ではファンも多い。「『TOMOさんに続こう』と熱波師を目指すスタッフも出てきた」と店長の一倉充陽さん(41)は明かす。

 テレビドラマ「サ道」や、サウナの魅力をYou Tube・SNSで発信する著名人が増えたことで起こった近年の「サウナブーム」。村田さんは「お客様の体調に合わせて今後も体力の限り熱波師を続けたい」と、一過性の流行りではなく「サウナの風で大和の人たちを元気にしたい」と本気で考えている。

普段はフロント業務を担当している
普段はフロント業務を担当している

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のローカルニュース最新6

春のフリマ出店者募集

春のフリマ出店者募集

4月22日まで

4月15日

19日朝9時から

19日朝9時から

深見直売所

4月13日

南木氏と委託契約

市顧問弁護士

南木氏と委託契約

大澤氏から28年ぶり交代

4月12日

23人が決意新たに

23人が決意新たに

大和商議所で合同入社式

4月12日

硬式空手で県3位

硬式空手で県3位

誠志会館から2選手

4月12日

台湾地震で募金箱設置

台湾地震で募金箱設置

市内に13カ所

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook