厚木版 掲載号:2014年8月29日号

第55代厚木市議会議長に8月8日付で就任した

石井 芳隆さん

金田在住 65歳

「ありがとう」を胸に

 ○…「ずっしりと来る責任の重みと、議場が広いということを改めて感じました」と、議長席に着いたときの率直な気持ちを話す。投票前の所信表明で他の議員に訴えたのは、今までの「議会改革」の流れを止めないこと、市民にとって身近に感じられる議会となるよう議会の「見える化」を進めていくことの2つ。「議会基本条例については、できれば任期内に方向性を出したい。議員提出の議案、条例も路線に乗せていきたい」と、決意を語る。

 ○…議会改革の一環として、2011年から正副議長の選挙時に立候補表明の機会を設けて以来、2度目の挑戦で初めて議長に。議員生活5期20年の節目。「議長は対等に話が聞ける中立的な立場が良い」と、臨時会前日に所属していた会派を一人離れ、「立候補できるのはここかなという思いで出させてもらった」。当選が決まったときは「ありがとう」の感謝の気持ちが一番先にあったという。

 ○…1949年、佐賀県佐賀市生まれ。地元の工業高校を卒業後、建設機械メーカーに就職し上京。内陸工業団地に会社の拠点ができたことから、厚木へ移り住み22歳で結婚。1男2女に恵まれた。地域で子ども会などの活動に参加していたため、周囲の強い薦めで出馬を決意。40歳半ばで会社を辞め、何も分からなかったという政治の世界に入った。初当選以来、「子どもの育成」と「地域が基本。みんなから聞いたことを実現できるように」という姿勢はぶれていない。

 ○…議員活動と並行して行っているのが農業。議会でもどこへでも「軽トラ」で赴くスタイルが特徴的。農業の魅力は「自分が手をかけただけ、実りで返ってくること」。農作業は自分自身と向き合う大切な時間になっているとも。子どもたちは独立し、今は奥様と2人暮らし。夫婦円満の秘訣は「ありがとう」の感謝の気持ちを常に持つこと。物腰が柔らかく、着飾らない話し方が印象的だった。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

国丸 リサさん

厚木市成人式「はたちのつどい」で音楽ライブを行った

国丸 リサさん

1月20日号

丹羽 結希さん

設立40周年を迎えた相模国飯山白龍太鼓保存会の会長を務める

丹羽 結希さん

1月13日号

小澤 伸悟さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第49代理事長に就任した

小澤 伸悟さん

1月6日号

鈴木 百萌子さん

車椅子バスケットボール女子日本代表選手でパラスポーツトライアルに参加した

鈴木 百萌子さん

12月16日号

山下 俊紀さん

さがみ介護ロボット開発支援センター所長で介護・医療ロボットの開発を支える

山下 俊紀さん

12月9日号

中村 幹夫さん

11月1日付で厚木商工会議所の第10代会頭に就任した

中村 幹夫さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク