厚木版 掲載号:2018年1月5日号
  • LINE
  • hatena

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第50代理事長に就任した 向島 史朗さん 松枝在住 36歳

時代を言い訳に諦めない

 ○…「覚悟」――。力強く、そして、なんとも奥行きの深い言葉を今年度のテーマに掲げた。所信を綴った書面はケネディ大統領が1961年の大統領就任演説で語った1節から始まっている。厚木・愛川・清川3市町村の20歳〜40歳までの青年経済人で組織される厚木青年会議所(JC)。1969年の創設以来、JCならではの視点で、まちづくりや地域活性化活動、自己啓発に励んできた。

 ○…節目の年に理事長に就任。「身が引き締まる思い」と言葉をかみしめた。63人のメンバーには「自身が求める熱意と犠牲を自分にも求めてほしい、そこから得る喜びを報酬として愛する地元を盛り上げていこう」と呼びかけた。今の世を「我慢が薄れ、他者への思いやりが劣化、無責任な発信がさも正論かのようにはびこり、人々は孤立し窮屈になっていないか。そしてそれを、時代を言い訳に諦めてはいないか」と問いかける。「(JC活動は)いつの時も時流との戦いであったはず。これまで立ち向かってきた先達の覚悟が新しい時代を切り開いてきた。その連鎖が今日の青年会議所の礎」とその存在を改めてリスペクトした。

 ○…入会14年目。当時JCが統括していた鮎まつり前夜祭の熱気に憧れ、自ら進んで入会を決めた。以来どっぷり活動にのめり込んでいる。「信頼できる仲間」に出会えたことが宝。厚木JCは来年10月に創立50周年。多くの要人を輩出し、OB・OGは430人を超える。「現役メンバーと先輩方の架け橋になる」と決意も新た。

○…生粋の厚木っ子。玉川学園で小・中を過ごし、都立高校の通信課程へ。その後、アメリカへ遊学。”やんちゃ”が過ぎて厚木に呼び戻され、20代後半で父君の経営する清隆産業(株)へ入社。現在、代表取締役。愛妻との間に一男一女。実はお酒が飲めないという”前代未聞”の理事長。強烈で清冽な意思を全身に宿す目が離せない男である。

厚木版の人物風土記最新6件

伊吾田 弘さん

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する

伊吾田 弘さん

12月7日号

川田 善久さん

ICT機器を活用し、模範となる優れた授業を実践して表彰された

川田 善久さん

11月30日号

中尾 賢治さん

「ふるさと絵画コンクール」事業を発案した

中尾 賢治さん

11月23日号

三浦 竜さん

ユリの魅力を伝える「2019リリーアンバサダー」に認定された

三浦 竜さん

11月16日号

小松 克生(かつお)さん

武部鉄工所労働組合の執行委員長を務める

小松 克生(かつお)さん

11月9日号

大塚 祐二さん

NPO法人障碍者支援センター鮎の風の理事長として障害者の雇用拡大に尽力する

大塚 祐二さん

11月2日号

七沢幼稚園

”実り”の秋に野点体験

http://nanasawa-kinder.com/info.html

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月7日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク