厚木版 掲載号:2018年3月23日号
  • LINE
  • hatena

(一社)全日本瓦工事業連盟 神奈川県瓦屋根工事連合会の会長を務める 松枝 康雄さん 山際在住 (有)松枝瓦店代表取締役 57歳

瓦と向き合い40年

 ○…神奈川県内91の瓦屋根工事業者が加盟する連合会の会長に、今年1月1日付で就任。耐久性と遮音性に優れ、日本の風土に適した瓦は、一度葺けば30年は持つ。その良さを広く周知するとともに、平均年齢60歳超の組織の今後のため、技術の継承と後継の人材育成に向けて舵を取る。そして忘れてはならないのが、組合員としての”誇り”と語る。

 ○…世田谷区宇奈根で生まれ、5歳で厚木へ。引っ越して来た当時、山際には住宅が少なく「父は仕事の需要増加を狙ったんじゃないかな」。市内には同業者が4軒あったという。依知小・中時代に、父について現場へ同行し、1枚ずつ包まれた瓦を藁から外す手伝いが、最初の一歩だった。座間高校を卒業後、「他になりたいものは特になくて、道には素直に従おうかな」と、家業に入った。父について仕事を覚え、職歴は早や40年。現在は4代目となる長男と共に屋根に上る。

 ○…皇居東御苑の高麗門や歌舞伎座、創業650年の商家の社屋などを手がけてきた。神社仏閣と一般家屋、仕事の割合は2対1ほど。愛知、奈良、岐阜の3大産地へ幾度も足を運び、学び続ける。焼き上がりや形を丹念に見極め、積み、漆喰で接着。1枚ずつの積み重ねで、美しい仕上がりが叶う。市内三田の清源院では、4カ月かけて約1万9000枚を葺いた。建物の前に立ち、下から屋根を見上げると、達成感が湧いてくる。「仕事中に特等席で花火を見られたり、楽しいよ」とにこり。

 ○…21歳で結婚、すでに4人の孫のおじいちゃん。仕事外ではインドア派で、お気に入りの山本一力や浅田次郎、曽根綾子などを横になりながら読むのが至福の時だ。「仕事が終わって、頭をクールダウンしてから寝たくてね。心ゆさぶられる物語が好き」的確かつさらに興味がわくような豆知識を添えて、質問に答えてくれる。いつまでも話を聞いていたくなってしまう。

厚木版の人物風土記最新6件

伊藤 浩章さん

SCRUM厚木を立ち上げ、100人カイギ開催に向け活動を続ける

伊藤 浩章さん

3月8日号

望月 玉三朗さん

厚木市消防団の消防団長を務める

望月 玉三朗さん

3月1日号

有賀 慶介さん

全日本年金者組合厚木支部の支部長を務める

有賀 慶介さん

2月22日号

須田 哲史さん

厚木市地域包括ケア(研修・啓発・広報)連絡会のリーダーを務める

須田 哲史さん

2月15日号

品川 未知子さん

日本刺繍アーチストとして、2月18日から初の個展を開催する

品川 未知子さん

2月8日号

大野 一郎さん

1月に開館したあつぎ郷土博物館の館長を務める

大野 一郎さん

2月1日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月8日0:00更新

  • 3月1日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク