厚木版 掲載号:2018年9月14日号
  • LINE
  • hatena

9月27日にオープンする「暮らしの保健室あつぎ」の室長を務める 島崎 菜穂子さん 山際在住 57歳

敷居下げて「もっと広めたい」

 ○…昨年6月に厚木市立病院を退職。定年まであと4年足らず。周囲からは「もったいない」と声をかけられた。それでも、ずっと思い描いてきた夢を目の前にして、胸は高鳴るばかりだ。「病気で悩む人も、そうでない人も、だれもが気軽に相談に訪れることができる場所があったらいいなと思ってきた。それが『暮らしの保健室あつぎ』としていよいよ実現できるところまできた」と感慨もひとしおだ。

 ○…「暮らしの保健室あつぎ」のオープンに向けて、5年前に始めたのがケアカフェ。医療を中心に、さまざまな業種の人が集まり、一つのテーマに沿ってフラットに意見を交わす。これまでに延べ300人が参加。ここでできた繋がりが暮らしの保健室の土台になる。「専門職同士が繋がっていかないと1人を助けられない」。さまざまな悩みを解決するための本気度が伝わってくる。

 ○…横浜市生まれ。結婚を機に厚木に移り住んだ。しかし、30代で夫ががんで他界。女手一つで2人の娘を育て上げた。「泣いている暇もなくて、生きるのに精一杯だった」と回想すると、「心から泣けるようになったのはここ10年くらいかな」と振り返る。子どもの時から、顕微鏡でミクロの世界を見たり、宇宙を見るのが好き。医学を学び、医療業界に就職すると、がん細胞を調べる細胞検査士として勤めた。

 ○…全国に50以上あるという暮らしの保健室。多くが看護師や保健師が運営をしている。「看護師でなくてもできる。敷居を下げてもっと広めたい」と力を込める。そのための仕組み作りにもこだわった。「まちの企業にサポーターになってもらい、助成金に頼らないで運営する。それでもできるように、良い見本にならないと」。夢のスタートはここからだ。

元厚木市議会議長 いしい正英

市民が生き活きと暮らすまち あつぎ

https://www.ishiimasahide.com/

<PR>

厚木版の人物風土記最新6件

萩原 トミエさん

厚木市内11カ所で絵手紙教室の講師を務め、現在年賀状展を開催中の

萩原 トミエさん

1月18日号

森屋 知之さん

厚木市古式消防保存会の会長を務め、伝統を受け継ぐ

森屋 知之さん

1月11日号

白鳥 佑記(ゆうき)さん

1月1日付で公益社団法人厚木青年会議所の第51代理事長に就任した

白鳥 佑記(ゆうき)さん

1月4日号

石上 純也さん

世界で活躍する建築家で、12月8日に凱旋記念講演を行った

石上 純也さん

12月21日号

齋藤 峯代さん

市内女性初となるスポーツ推進委員功労者表彰を受けた

齋藤 峯代さん

12月14日号

伊吾田 弘さん

厚木市障害者福祉事業所連絡会の会長として尽力する

伊吾田 弘さん

12月7日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月18日0:00更新

  • 1月11日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひととき、言葉と旅をしよう

ひととき、言葉と旅をしよう

大人が楽しむおはなし会

2月7日~2月7日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク