神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木市短歌会の会長を務める 北村 純一さん 厚木市妻田東在住 79歳

公開:2024年5月31日

  • X
  • LINE
  • hatena

溢れる情熱創作に注ぐ

 ○…五・七・五・七・七の31音で構成される短歌は「感じたことや自分の思いをストレートに表現できるのが魅力」と話す。父親も務めた厚木短歌会の会長にこのほど就任した。「短歌に触れる機会を増やしていきたい」と意欲を燃やす。6月22日(土)に、睦合西公民館で勉強会を開催する。親子二代に渡り会の発展に尽力する。

 ◯…最初は俳句だった。小学校3年生の時に作った作品が、俳句を趣味にしていた父親から褒められたことで夢中になりその後、新聞に取り上げられるほどの腕前に。短歌は大学生になってから始めた。「7・7の14文字があることで表現の領域が広がった」。俳句と短歌の奥深さを知り共に夢中になった。「俳句も短歌も日本語の美しさを求めているという点では一緒」と評する。

 ◯…生まれも育ちも厚木市。大学卒業後は銀行に就職し、窓口業務では、声質の良さと元気さから接客に定評があった。「お客様の立場になり、最善の策を提案することだけを考えた」と振り返る。最後は、支店長を務めた。退職後は経営コンサルタント業に転身。飲食、病院、建設などさまざまな会社の経営に携わった。今年から厚木市の広報を担う市民リポーターとして活動を開始。滑舌の良さから年齢を感じさせない若さがにじみ出ている。移動は基本自転車で、ウォーキングも日課にしている。

 ◯…日本舞踊、津軽三味線にも精通する。全国各地で開かれる俳句や短歌の大会で、数多くの受賞経歴を持つが、結果に自惚れることなく日々の創作は怠らない。「継続することが一番大事。思ったことや感動したことなどがあるとすぐに頭に浮かび、言葉を紡いでいく。創作は私にとっての喜びの一つ」と情熱はあふれている。

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版の人物風土記最新6

酒井 涼旦郎(りょうたろう)さん

初めて制作したドキュメンタリー映画を7月26日に上映する

酒井 涼旦郎(りょうたろう)さん

厚木市飯山在住 31歳

7月12日

四辻 幸恵(よつじ ゆきえ)さん

7月20日のフラワークショップで講師を務める

四辻 幸恵(よつじ ゆきえ)さん

厚木市森の里在住 40歳

7月5日

鈴木 マチ子さん

県央音楽家協会の会長として各地でコンサートを定期開催している

鈴木 マチ子さん

座間市相模が丘在住 63歳

6月30日

田中 昭一さん

書籍を市に寄贈した「荻野の歴史を学ぶ会」の会長を務める

田中 昭一さん

厚木市上荻野在住 83歳

6月28日

小瀬村 寿美子さん

厚木市ゴルフ協会の会長に就任した

小瀬村 寿美子さん

厚木市小野在住 65歳

6月21日

鈴木 慎三さん

神奈川県LPガス協会厚木支部の支部長を務める

鈴木 慎三さん

愛川町田代在住 60歳

6月14日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook