逗子・葉山版 掲載号:2011年1月14日号
  • googleplus
  • LINE

逗子市内一周駅伝 逗子開成、貫禄の11連覇 地域対抗では池子が2年ぶりにV奪還

圧倒的な強さを見せた「逗子開成A」チーム(写真右) 2年ぶりに王座を奪還した「池子A」チーム(左)
圧倒的な強さを見せた「逗子開成A」チーム(写真右) 2年ぶりに王座を奪還した「池子A」チーム(左)

 逗子市が施行された昭和29年から開催されている新春恒例の「逗子市内一周駅伝競走大会」(逗子市教員会主催/朝日新聞社後援)が10日、行われた。58回目を数える今大会では史上最多となる47チームが参加。快晴の青空の下、各チームがたすきをつなぎ、健脚を競った。

大会最多、47チームが出場

 同大会は第一運動公園を発着に逗子市内全27・1kmを6区で繋ぐコース。市内各地域から選抜選手が出場する「地域対抗の部」と学校や事業所などで出場する「団体対抗の部」が設けられている。今大会は地域16チーム、団体21チームの計47チームが参加。

午前9時、号砲

 出走が近くなるとあたりには程よい緊張感が高まった。沿道にも多くの応援が集まり、「がんばれー」「絶対優勝だぞ」など声援が飛び交った。午前9時、スタートの号砲が鳴ると各チームが一斉にスタート。

 まず久木小学校までの2・6km、第1区で先頭に立ったのは11連覇を狙う「逗子開成A」チーム。その後「逗子開成B」、「逗子高校C」が追う展開となったが、序盤から王者が貫禄を見せつけた。2区、3区と逗子開成Aは着実にタイムを伸ばし、その後も首位をキープ。6区ではやや「逗子消防署A」に詰め寄られるも、終わってみれば2位に2分以上の差をつけて、11度目の王者の座を手にした。アンカーがテープを切るとチームメイトがゴール地点に集まり「優勝できて良かった」と涙を流しながら喜ぶシーンもあった。

 同チーム飯塚真弘さんは「連覇のプレッシャーはありましたが、年末年始、各自が今日に向けて練習を積んできた。結果が残せて本当に良かった」と話した。

地域対抗はデッドヒート

 一方、抜きつ抜かれつの混戦を繰り広げたのは地域対抗の部。第1区では「久木」が先頭を切るも、2区では「沼間A」がトップに。3区では「池子A」が先頭に立ったが、4区では再び久木が巻き返した。その後は池子Aが意地を見せる。5区で再度先頭に立つとそのまま6区と続きゴール。3連覇を狙う新宿や沼間を押さえ、2年ぶりに優勝の栄冠に輝いた。

 同チーム監督の清水勲さんは「一昨年は10連覇を目前に逃したのが悔しかったが、チャレンジャーの立場で逆に肩の力が抜けたのがよかった。選手一同、皆本当によく走ってくれた」と話した。

 また大会を振り返りスターターを務め、新宿チームの選手としても走った平井竜一市長は「今年は参加チームが多く、例年にも増して大会が盛り上がった。今後も多くの市民に愛されるイベントになってくれれば」と話した。

 各部門、上位入賞チームは以下の通り。

【団体対抗の部】
(1)逗子開成A…1時間34分14秒(2)逗子消防署A…1時間36分55秒(3)逗子高校A…1時間37分21秒(4)逗子高校C…1時間39分19秒(5)逗子開成B…1時間41分41秒

【地域対抗の部】
(1)池子A…1時間34分58秒(2)沼間A…1時間36分52秒(3)新宿A…1時間37分9秒(4)久木1時間38分27秒(5)小坪A…1時間38分56秒
 

top1_cy02_0114.jpg

快晴の青空の下スタート

逗子・葉山版のトップニュース最新6件

開設スケジュール見直し

総合病院誘致

開設スケジュール見直し

4月20日号

「生演奏の迫力感じて」

「ふれあいパス」で外出促進

有料席販売がスタート

逗子海岸花火大会

有料席販売がスタート

4月6日号

財政難で開催ピンチ

逗子花火大会

財政難で開催ピンチ

3月23日号

給食センターの計画凍結

葉山町

給食センターの計画凍結

3月23日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク