逗子・葉山版 掲載号:2014年3月21日号 エリアトップへ

体験学習施設、4月に開所 児童館機能有する建物、市内初

教育

掲載号:2014年3月21日号

  • LINE
  • hatena
工事が進められている体験学習施設。4月26日にはオープニングセレモニーも予定されている
工事が進められている体験学習施設。4月26日にはオープニングセレモニーも予定されている

 逗子市が2012年7月から整備を進めていた第一運動公園の再整備事業がこのほど完了する。昨年8月にプールが先行オープンし、今月中にも多目的室やプレイルーム、カフェなどを完備した体験学習施設が完成。4月26日(土)から供用開始となる。

 建物は鉄骨平屋建てで通路などを含むのべ床面積は約2400平方メートル。目的別にあわせた5つの多目的室のほか、プレイルームやカフェ、ラウンジを備える。12年と13年度の2カ年事業で総工費は約9億7600万円。

 同施設最大の特徴は児童館(児童厚生施設)機能を有する点。児童館は専門の指導員が工作や文化活動などを通じて地域の小中学生の育成支援をするほか、放課後の児童らの居場所としての役割を担う。児童福祉法に基づく児童館は県下では約100施設。その他各自治体で類似施設の設置も進んでいる。逗子市では、小学校ごとに児童が遊ぶ「ふれあいスクール」が設置されているほか、子育て支援センターなどがあるが個別の児童館は設置されてこなかった。一方で、一部市民からは設置の要望が高まっており、「子育て環境の拡充」を掲げる平井竜一市長が肝いり事業のひとつとして開設を進めてきた。

 児童館は都市公園に設置できないという法の制限があるため、位置付けは「同等の機能を有する施設」。多目的室では工作や実験、調理などができる部屋のほか、学習室、楽器演奏やダンスができる音楽室、バレーボールコートや卓球台などを備えた体育室など目的にあわせた使用ができ、専属の指導員も配属されるという。小中学生以外の市民利用も可能(有料)で、市では「世代間交流や災害時の防災拠点にもなる」としている。利用には事前登録が必要で、時間ごとに予約する。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク