逗子・葉山版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

芸術の祭典、今年も 115団体が出展、19日から

文化

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena
「パンフレット片手にお好みの場所を探して」と実行委メンバーら
「パンフレット片手にお好みの場所を探して」と実行委メンバーら

 葉山町や近隣市を会場に行われるアートイベント「葉山芸術祭」が4月19日(土)から行われる。22回目を迎える今年は115の個人、団体が出展。公共施設をはじめ、個人宅や地元商店なども会場となり、出展者が自慢の作品や音楽演奏を披露するなど、会期中は”御用邸のまち”がアート一色に染まる。5月11日(日)まで。

繋がり作りから20年

 ひとつの会場で行わるアートイベントとは異なり、参加する個人宅やカフェもそれぞれ「オープンハウス」として会場となり、来場者が自由に立ち入ることができる同芸術祭。元々は町の芸術振興団体が手掛けたアートイベントが原型だったが「葉山には文化的な著名人が多くいる一方で、横の繋がりが少ない。何か”連絡網”のような繋がりが作れないか」と3年目から現在の形式で開催されるようになった。当初は20ほどだった出展者も数が増え、現在は100を超すまでに。芸術祭を通じて知り合ったり、意気投合した出展者がともに企画を組んだりと、次第に横の繋がりも広がっていった。

 実行委の朝山正和さんは「始めた当時はアートという言葉の敷居も高かったが、今では誰しもが気軽に親しめるようになった。感慨深い」と振り返る。また歩きながらお気に入りの場所を訪ねる「アートめぐり」は来場者からも人気で、年々右肩上がりにその数も増加。近年では金沢文庫芸術祭や大磯芸術祭、今年は新たに三崎開港祭とも連動するなど、イベントの規模も広がりを見せている。

今年も企画目白押し

 出展者はプロアマの垣根を隔てないのが特徴で、内容もアカデミックなものから趣味的なものまで様々。絵画や写真の展示、陶芸や工芸、手作りアクセサリーなどのワークショップ、ジャズやハワイアンの音楽演奏など、実に多彩だ。

 また森山神社を会場にした恒例のメーンイベントは今年も予定。「あかりのイベント」(4月27日)では打楽器演奏や影絵などのパフォーマンスに屋台村、「青空アート市」(5月10・11日)では80を超えるアート作品や雑貨が一堂に並ぶ。朝山さんは「パンフレットを片手にお気に入りの場所をめぐったり、気のまま色々な場所を訪れたり、好みのスタイルで芸術祭を楽しんでほしい」と話している。

 出展者の展示会場や日時は同実行委作成のパンフレット(1部100円)に記載。町内のサポートショップなどで手に入るほか、同芸術祭ホームページ(「葉山芸術祭 2014」で検索)で閲覧できる。問合せはアートカフェ【電話】046・877・1441

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク