逗子・葉山版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

臨時福祉給付金 約5割が未申請 町、伸び悩みに苦慮

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
申請書は町HPからもダウンロードできる
申請書は町HPからもダウンロードできる

 消費増税に伴い、国が暫定・臨時的措置として低所得者に支給する「臨時福祉給付金」で、葉山町の申請率が申請開始から4カ月間で約5割に留まっていることが分かった。期限を過ぎると受給ができなくなるため、町では早期の申請を呼びかけている。

手続き煩雑で周知広まらず

 臨時福祉給付金は今年4月、消費税が8%に引き上げられたことに伴って、低所得世帯の家計負担軽減を目的に厚生労働省が実施する支援策の一つ。

 市(町)税が課税されていない人が対象(扶養者が課税されている場合や生活保護受給世帯は除く)で、支給額は1人あたり1万円。児童扶養手当や老齢基礎年金などの受給者にはさらに5千円が加算される。給付金を受け取るためには原則今年1月1日時点で住民票のある市町村に申請する必要があり、自治体が設けた期限を過ぎると受給できない。

 町内の対象者は約3500世帯。受付期間は8月1日から来年2月2日までで、町は今年7月下旬から申請書を送付、町ホームページや広報などで申請を呼びかけてきた。町福祉課によるとこれまで申請を受付けたのは約2200件。予算ベースの申請率は約55%で、同時期に受付けを開始した子育て世帯臨時特例給付金の約88%(11月末現在)と比較しても申請率の低さが目立つ。

 申請には申請書類のほか、身分証明書や振込先口座の写しなどが必要だが、町担当者は「申請方法が分かりにくく、提出書類が多い。受給対象者は高齢者が多く、子育て世帯と比べて手続きに不慣れな人が多いのではないか」と伸び悩みの理由を説明する。

 福祉給付金をめぐっては横浜市や川崎市、相模原市でも申請率の低迷が続いており、近隣の横須賀市では申込期間を10月末から12月中旬まで延長するなど対応に追われている。

 町では「書類に不備がある場合も想定し、年内には申請をしてほしい。書き方が分からない、内容が理解できないなど不明な点があれば担当課までご連絡を」と話している。問合せは町福祉課【電話】046・876・1111
 

逗子・葉山版のトップニュース最新6

妊婦への優先接種開始

逗子市

妊婦への優先接種開始 社会

配偶者や親も対象

9月10日号

英国選手艇を展示

葉山マリーナ

英国選手艇を展示 スポーツ

五輪の熱気伝える

9月10日号

高谷逗子市議が出馬表明

神奈川4区

高谷逗子市議が出馬表明 政治

次期衆院選は激戦必至

8月27日号

18歳以上の予約開始

葉山町ワクチン接種

18歳以上の予約開始 社会

個別医療機関でも受付

8月27日号

葉山の豊かな森を次世代に

葉山の豊かな森を次世代に 社会

「保全センター」活動開始

8月6日号

逗子IC再開は秋の見通し

逗子IC再開は秋の見通し 社会

激しい降雨の実態も明らかに

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook