逗子・葉山版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

逗子市 全国3番目の認定都市へ 市長がフェアトレード宣言

社会

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
宣言後、逗子フェアトレードタウンの会メンバーらと記念撮影する平井市長(一列目中央)(=15日、逗子文化プラザ)
宣言後、逗子フェアトレードタウンの会メンバーらと記念撮影する平井市長(一列目中央)(=15日、逗子文化プラザ)

 逗子市の平井竜一市長が15日、発展途上国の生産者と適正価格で取引するフェアトレードをまちぐるみで応援する「フェアトレードタウン」への認定を目指すことを表明した。これを受けて今後、市民団体の「逗子フェアトレードタウンの会」が手続きを進める。認定されれば熊本市、名古屋市に続く全国で3番目、関東地方では初となる。

「世界平和と発展に貢献を」

 市によるとフェアトレードタウンは2000年に英国で運動が始まり、現在24カ国1733の都市が宣言している。認定には「フェアトレード商品を扱う店舗が人口1万人あたり1店舗ある」「運動を推進する組織がある」など6つの基準を満たす必要があり、逗子市では11年に同会が発足。フェアトレードにまつわる講座やイベント、国際文化フォーラムを開催するなど申請に向けた準備を進めてきた。長年の地道な活動が実を結び、認知は徐々に浸透。日本フェアトレードフォーラムの調査(15年7月)の調査によれば逗子市のフェアトレード認知率は39・8%で、熊本市と並んで国内最高水準だった。先月22日には逗子市議会が理念支持の表明を全会一致で決議。「首長の支持」が残された最後の基準だった。

 平井市長は壇上で「アンフェアな取引による貧困は世界各地の紛争やテロの原因の一つとも言える。世界の平和や発展に貢献する活動を逗子から広げたい」とあいさつ。「フェアトレードは、立場の弱い人々の自立を支援する国際協力であり、人権の尊重に資する平和活動」とし、「逗子市は市民や事業者とともにフェアトレードタウンを目指す」と宣言した。

 表明を受け、同会代表理事の長坂寿久さんは「(フェアトレードタウンへの取り組みは)逗子のような小さな都市でもできるのだという好事例になる。日本のフェアトレードがさらに広がる契機にもなるのではないか」と話した。

 認定の可否は日本フェアトレードフォーラムから7月頃に通達される見通し。市では今後、同会と協働でフェアトレードの講座や高校生を対象にしたワークショップを行うほか、7月16日には同プラザで啓発イベントを開催するとしている。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

やり投げ歴2年で全国へ

逗子高校渡辺さん

やり投げ歴2年で全国へ NEXT_陸上

コーチ不在の逆境乗り越え

7月12日号

日本初「脱プラ」ビーチに

森戸海岸

日本初「脱プラ」ビーチに 社会

海の家で代替品使用

7月12日号

念願の直売所オープン

葉山町漁協

念願の直売所オープン 社会

毎週土日、地場産品並ぶ

6月28日号

市民へ協力呼びかけ

逗子海岸花火大会

市民へ協力呼びかけ 社会

リストバンドの販売開始

6月28日号

長柄小学校隣接地に計画

給食センター

長柄小学校隣接地に計画 政治

22年度の供用開始目指す

6月14日号

開始2カ月で一定の反応

逗子市空き家バンク

開始2カ月で一定の反応 政治

多様な利活用希望も

6月14日号

活用目指し修繕費募る

加地邸

活用目指し修繕費募る 社会

一般公開や民泊も視野

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク