逗子・葉山版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

葉山で起業、町が支援 セミナー受講で優遇措置も

経済

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町はこのほど、葉山で創業・起業する人を支援する「創業支援事業計画」を策定した。国の法律に基づく事業の一環で、計画に位置付けられるセミナーなどの特定事業を受けた人が審査を経て、会社設立時に国から様々な優遇措置を受けることができる。町は新たな創業人口を呼び込むことで、地域経済の活性化を図る考え。

 町は、国が2014年1月に施行した産業競争力強化法に基づいて計画を策定。昨年12月に認定市区町村に指定された。これまでは町商工会や地元金融機関と連携し、主に窓口相談による支援を実施してきたが、計画により体制の整備、強化を図る。

 計画では17〜18年にかけてビジネスモデルの構築方法や資金調達、事業計画の作成といった創業に必要な支援を窓口相談やセミナーを通じて実施。町は年間創業支援者55件、創業者24件の新規創出を目指す。

 特定事業に位置付けられるセミナーは、町商工会が主催。全4回の参加、受講後いくつかの条件や審査が必要だが、【1】会社設立時の登録免許税が0・7%から0・35%に減免、【2】無担保、保証人なしの創業関連保証の上限が1千万から1500万円に拡充、【3】日本政策金融公庫から融資を受ける際の条件緩和-のメリットがある。町産業振興課では「葉山に移住してきた人にその延長線上として創業してもらえるきっかけになれば」と話している。

 セミナーではいずれも中小企業診断士で、神奈川県よろず支援拠点のコーディネーターが講演。経営、財務、運営管理、販路開拓それぞれのテーマについて話す。日時は5月27日、6月3・10・17日(各日土曜日)の午後2時から4時。会場は葉山町商工会。参加無料、先着20人。

 問合せは同商工会【電話】046・875・2810

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク