逗子・葉山版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

「アカモクを逗子の名物に」 市民有志らがイベント実施

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
PRキャラクター「妖怪 アカモクン」を披露する実行委員長の神戸さん(右)と山上さん
PRキャラクター「妖怪 アカモクン」を披露する実行委員長の神戸さん(右)と山上さん

 逗子アカモクプロジェクト実行委員会(神戸(かんべ)悠太実行委員長)が収穫期を迎えた小坪産の海藻「アカモク」を逗子のソウルフードにしようと、3月から様々なイベントを開催する。このほどイメージキャラクターも決定し、関係者は「アカモクを通じて街を盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

 10年ほど前から逗子市商工会が中心となり、「海の厄介者」とされていたアカモクの普及活動をしてきた。これまでアカモクを使った食品や化粧品の開発・販売のほか、レシピコンテストなども実施。実行委のメンバーで当初から携わっている山上良さんは「市民の間でも大分広まっているのを実感している。今回のように大きくPRできて嬉しい」と手ごたえを語り、神戸実行委員長は「精一杯盛り上げていきたい」と意気込んでいる。

 また、イメージキャラクター「妖怪 アカモクン」のイラストが決定した。コンテストには90作品の応募があり、投票の結果、ペンネーム「オースィニ」さんの作品に決まった。テレビでイラスト募集を知り、「やんちゃだけどなぜか憎めない」イメージで描き上げたという。今後、イベントのチラシなどに使用される。

30店が特別メニュー

 昨年から倍増した30店舗が参加するスタンプラリーは3月1日(木)から31日(土)まで開催され、期間限定でオリジナルメニューを味わえるほか、スタンプを2個集めると抽選で賞品が当たる。6日(火)、13日(火)には小坪漁港でアカモク収穫体験、21日(水)にはアカモク料理教室が逗子小学校家庭室で開催される。

 その他のイベントの詳細は市役所ホームページ内「アカモク特設ページ」で確認を。問い合わせは逗子市観光協会【電話】046・873・1111へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

かつての国境 漕いで渡る

逗子在住畠山さん

かつての国境 漕いで渡る スポーツ

沖縄返還50年記念レース出場

5月13日号

町村部門で日本一

広報葉山

町村部門で日本一 社会

10年越しに目標達成

5月13日号

求む!葉山写した8mmフィルム

求む!葉山写した8mmフィルム 文化

秋の上映目指し活動開始

4月29日号

エコのたすき 次世代引き継ぐ

エコのたすき 次世代引き継ぐ 社会

ずしグリーンライフフェス開催

4月29日号

中学校給食の業者選定へ

葉山町

中学校給食の業者選定へ 教育

来年4月から提供開始

4月15日号

発展の礎 後世に伝える

東逗子駅

発展の礎 後世に伝える 社会

開業70周年事業が始動

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook