逗子・葉山版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

池田通り商店会 商店街大賞で準グランプリ リピーター生む取り組み評価

経済

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena
(右から)相談役の山本賢三さん、丸山会長、石渡祥元副会長、山口学副会長、小林鉄也副会長
(右から)相談役の山本賢三さん、丸山会長、石渡祥元副会長、山口学副会長、小林鉄也副会長

 逗子市の池田通り商店会(丸山広宣会長)がこのほど、第7回「かながわ商店街大賞」の商店街部門で準大賞を受賞した。歩道整備やリピーターを生む「夜市」の開催など、ユニークな取り組みが評価された。

 「日本の元気は商店街から」をテーマに、神奈川県と県内の経済団体からなる実行委員会が優れた取り組みを表彰するこのコンテスト。今回の商店街部門は大賞、準大賞、特別賞の計4団体が選出された。

 横須賀線池田通り踏切から銀座通り入口交差点までの県道311号線沿いにある同商店街では昨年、電線埋設化工事が完了。景観や歩きやすさを向上させ、ベンチも設置した。また、電力会社が設置した変圧器(地上機)には、市の協力を得て開催したフォトコンテストで選ばれた写真11点をラッピングした。

「夜市」が人気

 今回、特に評価された点はリピーターを生む仕掛けだ。同会では昨年から年3回、「夜市」と題したスタンプラリーと焼肉パーティー、抽選会を組み合わせたイベントを実施している。テーマは「商店街に3回来てもらうこと」。普段の買い物の延長で参加できるよう工夫し、抽選会では商店街で使える買い物券をプレゼントすることで、イベント後も足を運んでもらう仕組みを作った。

 丸山会長は「大きなイベントはお金がかかるわりに、その後に繋がらなかった。来街者の多くは近所の方なので、皆さんが楽しめる企画をコツコツやることを心がけている」という。その狙い通り、夜市はこれまで毎回満席の人気イベントとなっている。

 現在、池田通りではマンション建設が進むなど通りの風景が変化しているが、会員たちは前向きにとらえる。丸山さんは「若い人や店も増えて賑わいにつながるチャンス。地場産品が並ぶ朝市など、やりたいことはたくさんあるので、商店会一丸となって頑張っていきたい」と話していた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク