逗子・葉山版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

臨御橋改修 全国から問い合わせ多数 寄附開始3日で100万円超

社会

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena
清掃には幅広い世代が集まった
清掃には幅広い世代が集まった

 一色海岸と大浜海岸をつなぐ臨御橋を架け替えるプロジェクトをスタートさせた葉山町。早速、全国から寄附が寄せられている。また、先月29日には山梨崇仁町長らが地域住民とともに周辺の清掃を実施。町内外で機運醸成を図る。

 町は今月1日からふるさと納税などを通じた寄附の受付を開始した。

 町財政課によれば、4月3日時点で、これから入金処理が行われるものも含めて100万円以上が集まっているという。

 北海道から九州まで、全国から問い合わせが寄せられており、その数は1日20〜30件ほどにのぼる。担当者は「幸先の良いスタートを切れたと思う」と語る。

住民と清掃実施

 先月29日には、町と地域住民による清掃活動が行われ、一色第3・4・5町内会、下山口町内会の住民ら約50人が参加。臨御橋の周辺や大浜海岸、一色海岸を回り、プラスチックごみを中心に20キロ集めた。

 犬の散歩で橋をよく利用するという下山口在住の土川和子さんは「両陛下が橋を渡られるのを何度も見てきた。架け替えとなって良かった」と話していた。

 「葉山臨御橋架け替えプロジェクト」は「集める」「守る」「伝える」の3つを柱に進める。

 この一環で町は、臨御橋にまつわるエピソードを募集している。集まったものは町ホームページに掲載するほか、ポスターや発行物に活用するという。応募は町政策課へ氏名(ペンネーム可)、年代、エピソードを明記し郵送するか、町ホームページから応募を。

 架け替えは寄附を募りながら測量や設計を行い、2023年5月の完成を目指している。

 問い合わせは046・876・1111町政策課へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク