逗子・葉山版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

逗子海岸花火大会 市民へ協力呼びかけ リストバンドの販売開始

社会

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena

 9月27日(金)に開催されることが決まった逗子海岸花火大会に向け準備が進められている。有料シート設置に向けた調整が大詰めを迎えているほか、リストバンドの先行販売、募金箱の設置が始まり、実行委は広く協力を呼び掛けている。

 今月14日、逗子市観光協会と逗子海岸花火大会実行委員会が記者会見を開いた=写真左。桐ケ谷覚逗子市長や三宅譲商工会会長のほか実行委のメンバーが集まるなか、山上良実行委員長は「これまで夏の訪れを告げる花火大会だったが、今年は海岸から海の家が撤去された後に行う。たくさんの思い出を詰め込んだ、皆さんにとって夏の集大成となるような花火にしたい」とあいさつ。その後、桐ケ谷市長から警備費にあたる1300万円を市観光協会に補助する2019年度一般会計補正予算案を提出、可決された経緯が説明された。

目標1千万円

 今年の花火大会はこれまでと同じ7千発を打ち上げる予定で総事業費は5800万円。そのうち、警備費相当額の1300万円を市が補助し、残りを特別協賛と、市民や地元企業、市外からの寄付や協賛金でまかなう。山上委員長は実行委で集める目標額を1千万円以上とし、協賛シートやメッセージ花火の「一般協賛」、広告や協賛席などによる「企業協賛」のほか、リストバンドや募金、ふるさと納税で募るという。

 昨年初めて製作したリストバンドはデザインを一新=写真右下。明るい黄色を主体に、シンプルな花火マークをつけ、一目で「サポーター」とわかるよう、目立つデザインにした。

 すでに山上輪業(逗子市逗子4の3の1)、はんこ屋さん21逗子店(逗子市逗子7の1の56)、住和不動産(逗子市桜山4の6の1)、市観光協会窓口で先行販売を開始している。税込500円。

 また、市内の飲食店や商店など100カ所以上に募金箱を設置した。「皆さまのご協力をいただき、一丸となって開催出来たら」と実行委は呼び掛けている。問い合わせは市観光協会【電話】046・873・1111(内線286)へ。

本まぐろ直売所のお中元

まぐろ専門の冷凍倉庫が運営する直売所。本物の味を大切な人に!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

「お弁当大賞」で栄冠

スズキヤ

「お弁当大賞」で栄冠 経済

2年連続 新名物誕生

1月24日号

地域の魅力「住」から紐解く

地域の魅力「住」から紐解く 経済

業界団体が展示を初開催

1月24日号

郷土資料館廃止へ

逗子市

郷土資料館廃止へ 文化

2月の市議会に条例案提出

1月10日号

ラグビー熱 未だ冷めず

ラグビー熱 未だ冷めず スポーツ

スクール加入者が急増

1月10日号

「対話テーマに乗り越える」

「対話テーマに乗り越える」 社会

災害対策や公共施設再編に決意

1月1日号

「成果生み出す1年に」

「成果生み出す1年に」 政治

市長就任2年目の抱負語る

1月1日号

現職・山梨氏が出馬表明

葉山町長選

現職・山梨氏が出馬表明 政治

防災、公共施設「大きな命題」

12月13日号

あっとほーむデスク

  • 1月24日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月24日号

お問い合わせ

外部リンク