逗子・葉山版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

地域の魅力「住」から紐解く 業界団体が展示を初開催

経済

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛けるメンバーたち
参加を呼び掛けるメンバーたち

 地域で活動する建築士の仕事を知り、住まいや暮らしについて考えてもらおうと、(一社)県建築士事務所協会湘南三浦支部(磯昭弘支部長)が「しごと展」を初めて開催する。会員たちは「この地域ならではの暮らし方を提案できたら」と意気込んでいる。

 「低炭素でスローライフな生活を楽しもう。海、山、川のある暮らし」をテーマに、会員がこれまで手掛けた建築物の図面や建築模型などの作品を展示する「逗子・葉山・三浦 建築士事務所しごと展2020」は2月1日(土)と2日(日)の2日間、逗子文化プラザホールギャラリーで行われる。午前10時から午後7時まで。

 パネルではこのエリアの特徴である夏涼しく、冬暖かい気候を解説。海や山、川が自然の装置となって「そよ風」を生みだし快適な環境になっていることや、自然の恩恵が良好な住環境を生み出し、地域の魅力向上に繋がっていることを示す。

注目の構造物作ろう

 また、特別企画として「テンセグリティーの原理を体験しよう」が開かれる。テンセグリティーとは、アメリカ人のバックミンスター・フラー博士によって提唱された構造システム。通常の構造物と異なり、部材同士に接点がなく、張力で統合されているのが特徴だ。

 人体の骨格と筋肉の関係に似ていることなどから研究が進んでいるという。また通常の建築物と比べ非常に少ない部材で成り立っているため、持ち運ぶ際に省スペースが求められる宇宙空間での活用などが期待されているという。

 当日は、ストローと輪ゴムでテンセグリティーを作る体験を開催。先着100人にキットをプレゼントする。

 担当する三輪数比古さんは「会場には等身大の特別バージョンも作る予定。企画を通じて、住まいや地域、環境、建築のこれからや地球温暖化防止について考えるきっかけになったら」と話している。

 地域の建築士が集まり、2市1町の行政とともに住宅相談や木造住宅の耐震診断、建築関係フェア等、地域社会に根ざした活動をしている同団体。今年設立から30周年を迎え、現在は17人が所属している。

当日配布されるキット
当日配布されるキット

逗子・葉山版のトップニュース最新6

今夏に事業者決定

葉山町給食センター

今夏に事業者決定 教育

22年9月の供用開始目指す

4月3日号

パートナーシップ制度開始

逗子市

パートナーシップ制度開始 社会

横須賀・鎌倉と相互利用も

4月3日号

東京五輪代表に内定

逗子市在住畑山さん

東京五輪代表に内定 スポーツ

「空飛ぶヨット」でメダル目指す

3月20日号

副町長に県会計局長

葉山町

副町長に県会計局長 政治

今後の大型事業見据え

3月20日号

休校措置に子育て世帯苦慮

新型コロナ

休校措置に子育て世帯苦慮 社会

食で応援の輪 広がる

3月6日号

2年連続で100億円超

葉山町予算案

2年連続で100億円超 経済

扶助費が全体押し上げ

2月21日号

あっとほーむデスク

  • 3月6日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク