逗子・葉山版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

星座にまつわるエトセトラ 流星群2020後半

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

 月が明るいと、観察が難しい流星群たち。今年は後半にかけて、良い条件のものが比較的多くなります。出現期が11月6日〜30日の「しし座流星群」は一番多く流れる「極大」を17日20時に迎えます。この時間はまだ、しし座は昇ってきていないので、17日の夜から朝にかけて観るのがいいでしょう。

 「しし座流星群」といえば、2001年の大出現を思い出される方も多いと思います。しかし、その後はそれほどの出現はなく、今年は暗い夜空で1時間に15個程度と予想されています。

 期待したいのは、出現期間12月7日〜17日の「ふたご座流星群」。極大は14日9時。13日〜14日または14日〜15日にかけての夜空がおすすめです。逗子の夜空でたくさん観たいなら、暗い空で視野を広く、長い時間観ること。バッチリ防寒をして、寝転がって観ましょう。
 

逗子・葉山版のコラム最新6

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

カレンダー

12月4日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

リュウグウ

11月20日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

日本の星名

11月6日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

流星群2020後半

10月23日号

星座にまつわるエトセトラ

星座にまつわるエトセトラ

栗名月

10月9日号

逗子の景観まちづくり瓦版 第五十一号

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク