小田原版 掲載号:2011年11月5日号

小田原駅前で巨大合コン 経済

若者発「まちの活性化」大作戦 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田原駅前の飲食店を会場にした巨大な「合コン」が企画されている。その規模は女性300人×男性300人の計600人。巨大合コンの話題はツイッターやミクシィなどネット上で広がりをみせているが、仕掛け人は都内在住の若い男性2人組だった。

 これは「街コン」と呼ばれる宇都宮が発祥のイベントで、活性化やまちおこしの手法として、全国各地で開催されている。

 小田原初の街コン「小田原コン」を主催するのは、都内在住の安齋透磨さん(28)と小川直人さん(28)。福島県出身で高校の同級生だった2人は、観光・旅行と婚活を絡めたイベント会社の設立をめざしており、起業の試金石としてまちの活性化に取り組んでいるという。

 「小田原は箱根の通過点という印象だったが、実際に訪れてみると個性的な飲食店がたくさんある。海も近くて魅力にあふれている」と安齋さん。「テレビで見て衝撃を受けた『街コン』で小田原の力になりたい」と2人は意気込みを語る。9月から週に一度のペースで小田原に足を運び、昼から夕方まで飲食店を訪問。イベント参加の協力を呼びかけている。

 このイベントにいち早く賛同したのは、お堀端通りの飲食店「RYO」。店長の渡邊将一さん(26)は「若者が少ない小田原にとって良いイベント。駅前の活性化のために微力ながら協力したい」と話す。

 小田原コンの開催日は11月26日(土)。11月1日現在で8軒のイベント参加店、150人の参加者が集まっている。問合せは安齋さん【携帯電話】080・3549・1240。【URL】http://www.odakon.com/
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク