小田原版 掲載号:2012年3月10日号

小田原地下街

地域性打ち出し再生へ

4月4日まで計画案への意見募集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小田原地下街について、再生計画案がこのほどまとまった。現在市では計画案を公開し、4月4日(水)まで市民意見を募集している。

 計画案では、地下街を中心市街地の活性化や地域振興の拠点施設と位置づけ、小田原ならではの魅力を生かした商品・サービス・公共機能を盛り込んだマーケットなどを提案。観光客や地域のイベント案内を行う「タウンカウンター」を配置し回遊性の向上を目指すほか、エスカレーターを設置し道線を確保する。

 小田原市が施設を所有し当面は専門業者に運営を委託する方針。開業後10年程度の設備更新の工事費を含み総事業費は25億1300万円を見込む。営業収益の中心となるテナント賃料は1億9000万円を試算、年間4000万円の黒字を見込んでいる。

 計画案や意見応募の記入様式は市街地整備課、行政情報センターなどで配布、ホームページからもダウンロードできる。問合せは同課【電話】0465・33・1596。市民意見に対する回答は市ホームページなどで公表する。計画は早くて6月の議会で策定、平成25年度中のオープンを目指す。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

「70億円で整備は困難」

芸術文化創造センター

「70億円で整備は困難」

4月23日号

女子高生がプロツアーへ

ゴルフ

女子高生がプロツアーへ

4月23日号

東洋会から初の合格者

挙式は小田原城で

中学卒業まで拡大

小児医療費助成

中学卒業まで拡大

4月9日号

60年振り無投票の公算大

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク