小田原版 掲載号:2012年5月26日号

市長選

盤石の強さで加藤氏再選 政治

チェンジの継続を指示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当選を喜ぶ加藤氏の選挙事務所
当選を喜ぶ加藤氏の選挙事務所

 任期満了に伴う小田原市長選挙の投開票が20日に行われ、無所属で現職の加藤憲一氏(48)がいずれも前市議の大野眞一氏(70)、鈴木美伸氏(60)を破り、再選を果たした。投票率は41・87%だった。

 特定の政党、組織に頼らず「素人の市民」が中心となり選挙戦を戦った加藤氏。「チェンジ実行中」「市民が主役の市政」を訴え、各地で街頭演説やミニ集会を開き支援を呼びかけた。

 当選確実の報を受け、支援者の前に姿を現した加藤氏は、「市民の良識が示された。これから、これまで以上にしんどい道のりを皆さんと一緒に歩いていくことになります。一緒にまたがんばって歩いていきましょう」と言葉を詰まらせながら喜びを語った。

 市職員の不祥事、三大懸案事業の具体化の遅れが指摘され、厳しい選挙戦を強いられた。しかし、結果は次点の大野氏に2万票の大差をつけて勝利。62・6%の高い得票率を示した。加藤氏は「前回に比べ票はほとんど減っていない。浮動票の方の応援だけでなく、新たな基礎票がこの4年間で積めてきたのではないか」と結果を振り返った。

 また、2期目の取組みについて「皆様の命をしっかり守る市政を具体に進めていく。地域経済の活性化や総合計画の完遂を目指す。これまで『見えない』と言われてきたものがしっかりと具体の成果となって、実感して喜んでいただける4年間に間違いなくなると思う。しっかりやり遂げたい」と抱負を語った。

投票率 12%減

 投票率は前回選挙の53・93%から12・06ポイント減の41・87%。投票率の低さに加藤氏は「チェンジの期待に充分に応えられなかった『しらけ感』もあったかもしれないが、「市政の継続」という判断から投票しなかったと思う。50%以上になるように皆さんを巻き込んでいきたい」と話した。
 

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

「70億円で整備は困難」

芸術文化創造センター

「70億円で整備は困難」

4月23日号

女子高生がプロツアーへ

ゴルフ

女子高生がプロツアーへ

4月23日号

東洋会から初の合格者

挙式は小田原城で

中学卒業まで拡大

小児医療費助成

中学卒業まで拡大

4月9日号

60年振り無投票の公算大

小田原歯科医師会 記念講演会

教育評論家の尾木直樹(尾木ママ)氏、作家の鎌田實氏による講演会を開催します。

http://odawarashika100.com/

<PR>

小田原版の関連リンク

※クーロン株式会社より、コメントシステム「QuACS」のサービスを停止する旨連絡を受けたため、「QuACS」のサービスを休止させていただきます。

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク