小田原版 掲載号:2013年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

関東一早い「初もぎ」 「小田原梅」出荷スタート

経済

雨の中、大きく育った青梅をていねいに収穫
雨の中、大きく育った青梅をていねいに収穫

 市内上曽我の瑞雲寺横に広がる梅林で5月20日、関東で一番早い梅の初もぎが行われた。

 この日収穫されたのは直径32㎜以上ある2Lサイズで、梅酒用の品種「白加賀(しらかが)」。市梅研究会の穂坂成雄会長は「今年の梅は例年に比べ開花がやや遅くなったものの、霜の影響もなく順調に育っている。生産量はやや少ないが、品質には問題ない。大きく成長させ、早く市場に届けたい」と語った。

 収穫された梅は約60kg。その日のうちにJAかながわ西湘成田総合選果場に運ばれた。京浜方面の市場にサンプル出荷され、本格的な出荷は23日(木)から始まっている。梅干用の品種「十郎梅」は地域によってばらつきはあるものの豊作に近く、6月11日から出荷される予定だ。

 なお、梅干用の生梅や加工品の展示即売会は6月20日(木)、午前10時から正午まで市民会館1階ロビーで行われる。問合せは市農政課【電話】0465・33・1494。
 

小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

南足柄で街コン

参加者募集

南足柄で街コン

3月3日(土)ezBBQcountryで

3月3日~3月3日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月17日号

お問い合わせ

外部リンク