小田原版 掲載号:2014年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

城北工業高校新機械技術部 ロボで全国連戦 車、相撲で出場 特別賞も

教育

写真前列左から山田君、土屋部長、大川副部長、竹本君、後列左から平松君、橋本君、佐藤君
写真前列左から山田君、土屋部長、大川副部長、竹本君、後列左から平松君、橋本君、佐藤君

 小田原城北工業高校の新機械技術部が活躍している。年末年始に行われた全日本ロボット相撲大会とジャパンマイコンカーラリーで全国大会に出場。ロボット「パルロ」のプログラミングコンテストでは特別賞を受賞した。

 マイコンカーラリーは、センサーでコースを検出しプログラムがハンドルを操作するマイコンカーでタイムを競う。機械科1年の橋本海(かい)君が南関東大会で6位に入賞し、1月12日に行われた全国大会に出場した。

 昨年も同部は全国大会に出場していたが、完走できず初戦敗退。橋本君はまず完走を目標にマイコンカーを調整、安全策をとることで無事完走したが、初戦突破はかなわなかった。橋本君は「来年リベンジしたい」と悔しさを滲ませた。

奮闘ロボット力士

 プログラムで自立して動くロボットを戦わせるロボット相撲高校生の部で、全国大会に出場したのは平松竜青君と山田竜静君(ともに同科1年)。関東大会で4位に入賞し、11月の全国への切符を手にした。初戦でロボットが起動せず敗退したが、2人は「悔しいが、思い通りに動くのが楽しかった。もっと機械について学びたい」と意欲をみせた。

機械が語る桃太郎

 パルロは顔や声を認識し会話ができる高さ40cmの自律型コミュニケーションロボット。「高齢者が喜ぶパルロ」をテーマに、動画で応募する。同部ではパルロに話しかけると昔話『桃太郎』の話をするようプログラム。12月15日、ロボット相撲大会会場での結果発表で特別賞を受賞した。発案者の佐藤慎也君、竹本星矢君(ともに同科1年)は「時間のない中で頑張った。将来大きなロボットを作りたい」と抱負を語った。土屋建登部長、大川喜輝副部長(ともに電気科2年)は「全国に出場できることが多くなってきた。まずは1勝し、いずれ優勝したい」と闘志を燃やした。
 

星槎国際小田原 4月1日開校

多様な選択肢を持つ、生徒が主役の高校 入学、転編入の個別相談も4月2日~

http://www.seisa.ed.jp/

<PR>

小田原版のトップニュース最新6件

小田原市、下落継続

公示地価

小田原市、下落継続

3月31日号

「未病改善」の情報共有

県西地域活性化推進協議会

「未病改善」の情報共有

3月31日号

小田原キャンパスが開校

星槎国際高

小田原キャンパスが開校

3月24日号

下中座が活動奨励賞

かながわボランタリー活動推進基金21

下中座が活動奨励賞

3月24日号

小田原ゆかり「白秋」映画に

バンビーナ全国に挑む

小学生バレーボール

バンビーナ全国に挑む

3月17日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

若手木工職人の作品展

若手木工職人の作品展

根付コンペも実施

3月25日~4月8日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月31日号

お問い合わせ

外部リンク