小田原城天守閣 あす5月1日開城 午前9時からセレモニー

社会

掲載号:2016年4月30日号

  • LINE
  • hatena
1日の入館料は全額熊本市に寄付される
1日の入館料は全額熊本市に寄付される

 昨年7月の閉館から10カ月を経て、天守閣が生まれ変わった。オープンを間近に控え真白く塗り替えられた漆喰が、鮮やかに青天に映える。

 城内の32カ所に耐震壁を配置したことにともない、展示も全面的に改修。1階を「江戸時代の小田原城」、2階を「戦国時代の小田原城」と位置付け、3階は「美術工芸と考古」、4階が企画展示室になっており、最上階には摩利支天像を祀る空間を再現した。

 入館料は、15歳以上の個人が500円(30人以上の団体は400円)、15歳未満は個人が200円(団体は160円)となる。通常入館券のほかに、合田雅吏さんや柳家三三さんら「小田原ふるさと大使」のサイン入り限定プレミアムチケットが用意されている(なくなり次第終了)。

記念イベントも続々

 新生小田原城を祝し、記念イベントが多数催される。1日から5日(木・祝)は、日没から午後10時まで「デジタル掛け軸」を実施。天守閣の東西2面に100万枚の絵柄が連続投影される。また8日(日)まで、通常午後5時までの開館時間が8時まで延長になる(最終入館は7時30分)。

 本丸広場の常盤木門2階展示スペースの一角では、「小田原城 平成の大改修の舞台裏」と題したパネル展を実施。改修工事の経緯や、目玉である摩利支天像の安置空間再現に携わった職人たちの技や横顔を紹介する。9月25日(日)まで、観覧は無料。

 天守閣に関する問合せは市城址公園係【電話】0465・23・1373。

 1960(昭和35)年の再建以来初めてとなる大規模な耐震改修工事を終え、小田原城天守閣があす5月1日(日)、リニューアルオープンを迎える。午前9時のセレモニーに続き、9時30分から入場開始。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook