木の香のせて小田原発信 ハルネにヒノキ製ポスト

社会

掲載号:2016年7月30日号

  • LINE
  • hatena
投函第一号のハガキを手にする高木さんと川瀬さん。それを見守る古川さん、相田さん(左から)=7月27日・ハルネ小田原うめまる広場前
投函第一号のハガキを手にする高木さんと川瀬さん。それを見守る古川さん、相田さん(左から)=7月27日・ハルネ小田原うめまる広場前

 地下街ハルネ小田原のうめまる広場前に、小田原産間伐材のヒノキを使った木製ポストが登場した。1日2回投函物が収集される私設ポストとして、7月27日から運用が始まった。

 ポストは市内桑原の(株)ラ・ルースが製作したもので、これまで同施設内の木製品ショップ「TAKUMI館」に置いてあった。このたび同社から(株)街かど案内所に寄贈され、人通りの多いうめまる広場に設置されることになった。(株)街かど案内所の古川達高さん(61)は「いずれ木のポストが待ち合わせの目印になってくれたら。案内所と一緒に、小田原の情報発信場所として活躍してほしい」と期待をよせる。

 協力団体の一つ、報徳の森プロジェクトの高木大輔さん(44)と郵便局長協会東部会の川瀬潤(ゆたか)さん(46)は、早速知人にあてたハガキを投函。その様子を見守っていた(株)ラ・ルースの相田秀和社長(52)は「市民はもちろん、ハルネを訪れる観光客や外国人にも、小田原産ヒノキのハガキを発信してほしい」と話した。

 街かど案内所ではポストと同じ間伐材で作ったヒノキのハガキを1枚80円(税別)で販売する。52円切手も扱うのでその場で書いて投函も可能。

 (問)ハルネ街かど案内所【電話】0465・23・1150

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

50年ぶりの七五三詣り

第44区自治会

50年ぶりの七五三詣り 文化

子どもの成長、地域で祝う

11月13日号

若手狩猟者と現場つなぐ

小田原市と小田急電鉄

若手狩猟者と現場つなぐ 社会

農作物被害解消に一手

11月13日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook