市内踏切道 4カ所に「改良すべき」 国土交通大臣が指定

社会

掲載号:2017年2月11日号

  • LINE
  • hatena

 国土交通大臣が1月27日付けで指定した「改良すべき」踏切道に、市内4カ所が選定された。改正踏切道改良促進法に基づいたもので、今後、具体的な工事内容が検討される。

 国交省が何らかの課題がある踏切道として全国1479カ所を公表している「踏切安全通行カルテ」を中心に、529カ所が改良すべきとして指定された。

 市内で指定を受けた踏切道は、小田急線の栢山1号、富水1号、富水2号、御殿場線の町田=写真=の4カ所。該当の鉄道事業者と、道路管理者にあたる県または市が協議し、具体的な工事内容を検討していく。

 曽我小学校の通学路にあたる町田踏切は、車1台が通過できる幅。市によると現在、歩道確保に向けて鉄道事業者や地元と協議中だという。同小の教諭は、「実現すれば児童の安全も確保される」と拡幅工事に期待を寄せる一方、ドライバーにとっての利便性も向上することで、「抜け道になり交通量が増えるのでは」と懸念も抱く。「現在は児童もルールを守り踏切を利用しているし、地元のドライバーは安全運転を心掛けてくれる」とし、「改良工事は一長一短」と話していた。

 法律に基づき2020年度までの改良が義務づけられるが、国交省によると大掛かりな工事などが必要になる場合もあるため、策定した改良計画に沿って進めれば期限についてはその限りではないという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

乳がん検診啓発で勉強会

小田原ウイメンプラス

乳がん検診啓発で勉強会 社会

元プリプリ 富田さんら協力

10月23日号

地域活性に「ガンダム」

小田原市

地域活性に「ガンダム」 文化

マンホールカード、メダルも

10月23日号

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook