日本新薬に新製剤棟 作業安全性、環境にも配慮

経済

掲載号:2017年8月19日号

  • LINE
  • hatena
封じ込め仕様としては国内最大級の120型流動層造粒乾燥機
封じ込め仕様としては国内最大級の120型流動層造粒乾燥機

 日本新薬(株)(本社/京都市)の小田原総合製剤工場(市内桑原)敷地内に、高生理活性固形製剤棟(以下、新棟)が7月28日に竣工した。8月4日には関係者を招いて内覧会が行われ、最新鋭の設備が紹介された。

 新棟は、鉄骨造・3階建てで延べ床面積3700平方メートル。総工費33億円。同社が創薬した医薬品ウプトラビR錠(一般名/セレキシパグ)や、それに続く「高生理活性医薬品」(少量で強い薬理作用を有する)の製造が可能になる。

 対象物質に対し、作業安全性と環境に配慮した「封じ込め仕様」として、国内最大級の流動層造粒乾燥機や、洗浄や乾燥を自動化した高速打錠機など最新鋭の設備を導入。

来年1月から稼働

 BCP対応(災害などが発生したとき重要業務が中断しないこと)として、地震や水害、噴火などの災害面への対策も考慮した設計になっている。

 同工場では、既存の2つの製剤棟で年間1600万本のアンプルやバイアル製剤の検査包装ができ、また約12億錠を生産する能力がある。新棟では他社からの高生理活性製剤の受託製造を行うことも目的としている。

 内覧会には、サプライチェーン担当の齋藤均取締役、小田原総合製剤工場長の佐々木秀樹さんらが出席した。佐々木工場長は「これまでの1、2号棟の役割を保ちながら、小田原で目いっぱい製造していきたい」と話した。新棟は、2018年1月からの稼働を予定している。

微粉砕機の着脱が可能に
微粉砕機の着脱が可能に

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

GoTo商店街に採択

湯河原町商店街イベント

GoTo商店街に採択 経済

駅前通り明店街「ぶらん市」

10月24日号

現地で2026年度開院

小田原市新病院

現地で2026年度開院 社会

市、基本計画素案示す

10月24日号

旗揚げ公演へ 稽古始動

小田原オペラ

旗揚げ公演へ 稽古始動 文化

プロ歌手らが『魔笛』上演

10月17日号

花火6千発「地域に元気を」

湯河原町

花火6千発「地域に元気を」 経済

新生活様式の幕開けに

10月17日号

改修経て営業再開

箱根小涌園三河屋旅館

改修経て営業再開 経済

老舗の趣残し快適性向上

10月10日号

下落基調も移住需要増か

1市3町基準地価

下落基調も移住需要増か 社会

リモートワーク普及で期待

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク