いざ、全国選抜へ 小田原足柄リトルシニア

スポーツ

掲載号:2018年2月17日号

  • LINE
  • hatena
小田原足柄リトルシニアのメンバー =久野グラウンド
小田原足柄リトルシニアのメンバー =久野グラウンド

 3月25日(日)に大阪シティ信用金庫スタジアムで開幕する「第24回日本リトルシニア全国選抜野球大会」に、中学生の硬式野球チーム小田原足柄リトルシニアが2年ぶりに出場する。

 全国大会をかけた昨秋の関東連盟秋季大会。悪天候が続き、大会日程は当初予定されていた10月初旬から3週間ずれ込んだが、選手たちは気持ちを切らすことなく市内久野のグラウンドでバットを振り続けた。主将の杉本康輔君(2年)は「全員が気持ちを出してできることをしっかりやってきた」と振り返る。「1勝して全国に行こう」と臨んだ千葉市シニア戦を2―1で勝利し、全国出場の最低条件となるベスト16入りを果たし吉報を待った。

 正式に「全国出場決定」の知らせが届いたのは2月3日。初戦の相手は和歌山(試合日3月26日(月))に決まった。ナインは「どんな相手でも自分たちの野球をしたい。大切な場面で守って、打つことを一人ひとりが意識して戦いたい」と意気込む。

 津川真人監督=人物風土記で紹介=は2年前に関東大会ベスト4の好成績で挑んだ選抜大会で初戦敗退だった悔しさを胸に刻み、今大会は「初戦突破」をチームに浸透させている。

「初戦突破」へ一丸

 元々部員が少なかった上級生が全員退部し、チームに3年生は不在。昨年は2年生15人を中心に、上級生との試合に挑み、公式戦で2勝をあげた。「昨年夏までは1つ上の学年の大会に出場し、苦戦を強いられた。その経験もあって、秋の新チームから粘り強さが出てきた」と津川監督が話すように、チームは着実に成長を遂げた。

 現在、ナインは走り込みや守備の基本動作の確認、1日1000スイングなどをこなし、全国大会への準備を重ねる。選抜大会での目標も「まず1勝」とナインは結束。杉本主将は「全国大会出場を目標にしていたので気持ちがいい。チャレンジャーとして臨んでいきたい」と決意を述べた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

地元名産品を自販機で

小田原紙器工業

地元名産品を自販機で 経済

ドンキ小田原店に1号機

4月10日号

西湘が初の全国制覇

少年ソフトボール

西湘が初の全国制覇 スポーツ

選抜19人の総合力で快挙

4月10日号

ワクチン接種 準備進む

県西1市3町

ワクチン接種 準備進む 社会

湯河原では模擬体験も

4月3日号

「ユガラボ」が最高賞

県子ども・子育て支援大賞

「ユガラボ」が最高賞 社会

多世代交流を促進

4月3日号

「ヒサの遺志」地域と共に

湘南ベルマーレ

「ヒサの遺志」地域と共に 教育

郵便局とがん啓発で連携

3月27日号

130周年で記念誌作成

小田原鳶職組合

130周年で記念誌作成 文化

伝統・歴史を後世に

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク