ふるさと納税 寄付額が県2位 かまぼこ、梅干しが人気

社会

掲載号:2018年7月21日号

  • LINE
  • hatena
返礼品を紹介する市長
返礼品を紹介する市長

 2017年度のふるさと納税に関する現況調査結果がこのほど総務省から発表され、小田原市への寄付額が7億6421万8千円で県内2位になったことがわかった。1位は寒川町の約15憶3千万円だった。

 ふるさと納税は自治体に寄付した額のうち2千円を超える分を所得税と住民税から控除する制度。自由に寄付先を選ぶことができ、各自治体が趣向を凝らした返礼品を用意している。

 市の17年度の寄付件数は県内3位の1万1995件。前年比で7821件減少し、寄付額も同98万8185円減額した。

 総務省は昨年4月、各自治体に対し返礼品の金額を寄付額の3割以内に抑えるよう通達。これを受け、市でも電化製品など高額商品の返礼品を一部取り下げた。ふるさと納税のプロモーションを担当する市広報広聴課都市セールス係によると、こうした返礼品の一部撤廃が寄付件数・額が減少した要因だとしている。

 寄付は東京など首都圏からが最も多く、ローストビーフやかまぼこ、梅干しなどが好評だという。

 一方で、今年4月から市内在住者からのふるさと納税に対して返礼品を撤廃。寄付額が減少することを見越して、同課では返礼品提供の協力事業者の増加を進めている。

協力事業者を募る

 ふるさと納税の協力事業者数は現在64。市内に事業所があることや地場産の製品であることなど条件を満たせば、小田原ならではの製品を返礼品にすることができる。市では返礼品の商品数を増やして寄付を引き続き募っていくとしている。

 都市セールス係の担当者は、「ふるさと納税は一つのきっかけ。小田原の魅力を市外の人に知ってもらえるようPRしていきたい」と話している。

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

結婚式で再生みかん園PR

結婚式で再生みかん園PR 社会

大学生が企画

12月7日号

全線運行は来秋頃

箱根登山鉄道

全線運行は来秋頃 経済

再開の見通し示す

12月7日号

国登録有形文化財へ

湯河原富士屋旅館

国登録有形文化財へ 文化

貴重な建造物として評価

11月30日号

愛称は「ミナカ小田原」

小田原駅東口再開発ビル

愛称は「ミナカ小田原」 文化

万葉集から引用

11月30日号

こよなく愛した箱根の山

こよなく愛した箱根の山 文化

柏木房太郎の生誕110年展

11月23日号

にぎわい戻る大涌谷

箱根町

にぎわい戻る大涌谷 社会

半年ぶりに再開

11月23日号

水産業振興の拠点に

TOTOCO小田原

水産業振興の拠点に 経済

小田原漁港西側に22日オープン

11月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク