ふるさと納税 寄付額が県2位 かまぼこ、梅干しが人気

社会

掲載号:2018年7月21日号

  • LINE
  • hatena
返礼品を紹介する市長
返礼品を紹介する市長

 2017年度のふるさと納税に関する現況調査結果がこのほど総務省から発表され、小田原市への寄付額が7億6421万8千円で県内2位になったことがわかった。1位は寒川町の約15憶3千万円だった。

 ふるさと納税は自治体に寄付した額のうち2千円を超える分を所得税と住民税から控除する制度。自由に寄付先を選ぶことができ、各自治体が趣向を凝らした返礼品を用意している。

 市の17年度の寄付件数は県内3位の1万1995件。前年比で7821件減少し、寄付額も同98万8185円減額した。

 総務省は昨年4月、各自治体に対し返礼品の金額を寄付額の3割以内に抑えるよう通達。これを受け、市でも電化製品など高額商品の返礼品を一部取り下げた。ふるさと納税のプロモーションを担当する市広報広聴課都市セールス係によると、こうした返礼品の一部撤廃が寄付件数・額が減少した要因だとしている。

 寄付は東京など首都圏からが最も多く、ローストビーフやかまぼこ、梅干しなどが好評だという。

 一方で、今年4月から市内在住者からのふるさと納税に対して返礼品を撤廃。寄付額が減少することを見越して、同課では返礼品提供の協力事業者の増加を進めている。

協力事業者を募る

 ふるさと納税の協力事業者数は現在64。市内に事業所があることや地場産の製品であることなど条件を満たせば、小田原ならではの製品を返礼品にすることができる。市では返礼品の商品数を増やして寄付を引き続き募っていくとしている。

 都市セールス係の担当者は、「ふるさと納税は一つのきっかけ。小田原の魅力を市外の人に知ってもらえるようPRしていきたい」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

守屋氏が接戦制す

小田原市長選

守屋氏が接戦制す 政治

544票差で加藤氏及ばず

5月23日号

豊漁の季節間近に

小田原産シラス

豊漁の季節間近に 経済

市内唯一の漁船が奮闘中

5月23日号

例年の1割以下

箱根町GW観光客

例年の1割以下 経済

ホテル、観光施設など休業

5月16日号

ドライブスルーで「魚食」

港周辺飲食店

ドライブスルーで「魚食」 経済

新需要掘り起こしに一策

5月16日号

真鶴町から1事業者登録

神奈川SDGsパートナー

真鶴町から1事業者登録 社会

県、第3期登録者を発表

5月9日号

Webで交流、子どもたち

湯河原町

Webで交流、子どもたち 教育

(一社)ユガラボがネットで展開

5月9日号

(株)三和消毒

巷が緊急事態宣言発令中でもシロアリはやってくる

http://www.sanwa-tpc.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク