市議会改革推進委 議員定数削減を答申 12月定例会で審議

政治

掲載号:2018年12月1日号

  • LINE
  • hatena
最終答申案を提出する井原委員長(中央左)と加藤議長(中央右)
最終答申案を提出する井原委員長(中央左)と加藤議長(中央右)

 議会改革推進委員会(井原義雄委員長)が11月28日、6月から協議を重ねてきた諮問事項に関する最終答申案を小田原市議会の加藤仁司議長に提出した。

 全7会派の代表議員が名を連ねる委員会の設置目的は、「公正で市民に開かれた議会」の確立。陳情の取り扱いや議会運営など28の諮問事項があげられるなか、適正な議員定数を最優先事項として議論が進められてきた。

 市議会における現在の議員定数は28。近隣では平塚市や厚木市なども同数だが、それぞれ人口が22〜25万人であるのに対し、小田原市は19万1千人と大きく下回る。こうした状況を勘案して協議された結果、6会派が削減に賛成。これを最終答申としてとりまとめた。

 人口減に伴って税収も減るなか、井原委員長は「議員報酬や政務活動費など、定数が1つ減れば年間約1000万円の予算削減につながる。議員が減ったならば、これまで以上に皆で汗を流していく」と話した。

 今後、議員定数削減については、現在会期中の12月定例会に議員提出議案として上程される予定。本会議で削減数など具体的な内容について協議され、可決されれば来春の市議会議員選挙から適用されるという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook