小田原版 掲載号:2019年3月9日号
  • LINE
  • hatena

三の丸小 児童がつなぐ地元の伝統 松原神社例大祭を学習

教育

劇形式で学習してきた内容を発表
劇形式で学習してきた内容を発表

 地元に息づく伝統行事を後世に残そうと、三の丸小学校5年2組の児童が半年間かけて学習を進めてきた。3月1日にはその集大成を全校に発表。見学した地域住民のなかには、涙する人の姿も見られた。

 児童が見つけた社会の課題について探求する総合学習の授業。環境問題など幾つかの候補があがるなか、「未来へつなごう 松原神社例大祭」をテーマに決定した。

 小田原宿総鎮守として由緒ある同神社で、400年以上の歴史をもつ神輿渡御。ところが、学区内にありながらも毎年5月に開催される例大祭に参加したことのある割合は同学級の3分の1。神社の存在を知らない児童もいる事実がわかり、「未来につなげていかなきゃ」と昨夏から学習を進めてきた。

 祭の歴史や神輿をかつぐ理由など、児童らは非日常であるがゆえに知らないことばかり。神社や神輿会の「明神會」に協力を要請して関係者から話を聞いたほか、木遣りや小太鼓などは実際に体験して練習も重ねてきた。

 希望するテーマが選ばれず、当初は意欲的になれない児童もいたが、「体験を通じて明らかに目の色が変わっていった」という担任の山崎克洋教諭(32)。「普段は物静かなのに、大きな声で木遣り歌の練習に励む子もいました」と目を細める。

絶える前にこそ

 当日は半年間で学んだ内容を劇形式で発表した。物語の舞台は、担い手不足で祭が絶えてしまったとする30年後の未来。大人になった児童たちが総合学習の様子を振り返り、復活に向けて立ちあがるストーリーだ。

 フィナーレであいさつした児童は、「なくなったものを復活させるのは難しい。だからこそ、今のうちに未来へつなげる活動に取り組んだ」と学習経緯を説明した。

 祭を担う氏子の数が減少の一途をたどるなか、見学して「目頭が熱くなった」という同神社で禰宜(ねぎ)を務める村上文彦さん。「子どもたちが危機意識をもち、引き継ぐために考えてくれたことがうれしかった」と喜んだ。

 祭に参加したことがなかった児童にも、心の変化が生まれた。「祭を知らなかった」という望月茉優(まひろ)さんは、「地域の仲を深める場でもあり、災害時の助け合いにも役立つことを知った。機会があれば参加したい」と話した。三重県出身の山崎教諭は、「観光や歴史など小田原はエネルギーにあふれた街。その担い手である子どもたちが、地元の神社や祭を学べたことは意義深い」と語った。

 明神會副会長の梶高至さん(47)は、「我々が子どもの頃、祭に参加するのはごく自然なことだった。数年後に担ぎ手となる子どもたちが、自ら学んでくれたのは頼もしいかぎり。ぜひ、学んだことを他の学年にも受け継いでほしい」と話した。

学んだ小太鼓も他学年の児童らに指導
学んだ小太鼓も他学年の児童らに指導

小田原版のトップニュース最新6件

宇宙に輝く「勝俣隆」

もうすぐ大型連休

込山さんが全国3位

相洋高柔道部

込山さんが全国3位

4月13日号

小澤氏と佐々木氏が当選

県議会選挙

小澤氏と佐々木氏が当選

4月13日号

歩いて暮らせる街へ

アプリで健康増進へ

〜新しい小田原へ〜

再び20万人都市を目指します!

http://ookawayutaka.jp/

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

連休は映画『金次郎』

読プレ

連休は映画『金次郎』

市民会館5月3日・5日

5月3日~8月10日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月20日号

お問い合わせ

外部リンク