三の丸小 児童がつなぐ地元の伝統 松原神社例大祭を学習

教育

掲載号:2019年3月9日号

  • LINE
  • hatena
劇形式で学習してきた内容を発表
劇形式で学習してきた内容を発表

 地元に息づく伝統行事を後世に残そうと、三の丸小学校5年2組の児童が半年間かけて学習を進めてきた。3月1日にはその集大成を全校に発表。見学した地域住民のなかには、涙する人の姿も見られた。

 児童が見つけた社会の課題について探求する総合学習の授業。環境問題など幾つかの候補があがるなか、「未来へつなごう 松原神社例大祭」をテーマに決定した。

 小田原宿総鎮守として由緒ある同神社で、400年以上の歴史をもつ神輿渡御。ところが、学区内にありながらも毎年5月に開催される例大祭に参加したことのある割合は同学級の3分の1。神社の存在を知らない児童もいる事実がわかり、「未来につなげていかなきゃ」と昨夏から学習を進めてきた。

 祭の歴史や神輿をかつぐ理由など、児童らは非日常であるがゆえに知らないことばかり。神社や神輿会の「明神會」に協力を要請して関係者から話を聞いたほか、木遣りや小太鼓などは実際に体験して練習も重ねてきた。

 希望するテーマが選ばれず、当初は意欲的になれない児童もいたが、「体験を通じて明らかに目の色が変わっていった」という担任の山崎克洋教諭(32)。「普段は物静かなのに、大きな声で木遣り歌の練習に励む子もいました」と目を細める。

絶える前にこそ

 当日は半年間で学んだ内容を劇形式で発表した。物語の舞台は、担い手不足で祭が絶えてしまったとする30年後の未来。大人になった児童たちが総合学習の様子を振り返り、復活に向けて立ちあがるストーリーだ。

 フィナーレであいさつした児童は、「なくなったものを復活させるのは難しい。だからこそ、今のうちに未来へつなげる活動に取り組んだ」と学習経緯を説明した。

 祭を担う氏子の数が減少の一途をたどるなか、見学して「目頭が熱くなった」という同神社で禰宜(ねぎ)を務める村上文彦さん。「子どもたちが危機意識をもち、引き継ぐために考えてくれたことがうれしかった」と喜んだ。

 祭に参加したことがなかった児童にも、心の変化が生まれた。「祭を知らなかった」という望月茉優(まひろ)さんは、「地域の仲を深める場でもあり、災害時の助け合いにも役立つことを知った。機会があれば参加したい」と話した。三重県出身の山崎教諭は、「観光や歴史など小田原はエネルギーにあふれた街。その担い手である子どもたちが、地元の神社や祭を学べたことは意義深い」と語った。

 明神會副会長の梶高至さん(47)は、「我々が子どもの頃、祭に参加するのはごく自然なことだった。数年後に担ぎ手となる子どもたちが、自ら学んでくれたのは頼もしいかぎり。ぜひ、学んだことを他の学年にも受け継いでほしい」と話した。

学んだ小太鼓も他学年の児童らに指導
学んだ小太鼓も他学年の児童らに指導

暑中お見舞い申し上げます

地元発着バスツアー

秋のオススメ 星空観賞やSL体験!

https://www.sugizaki-highwaybus.com/tourtype

湘南ステーションビル株式会社

ラスカは茅ヶ崎・平塚・小田原・熱海で営業しています

http://www.lusca.co.jp/

不動産でお悩みの方へ

不動産の専門家が適切なアドバイスをさせていただきます。安心して相談下さい。

http://www.shonan-con.org/

小田原市社会福祉協議会

すべての人が安心して暮らせるまちづくりを理念に、様々福祉課題取り組みます。

http://www.odawarashakyou.or.jp/

税理士法人 押田会計事務所

企業の継続的な発展と、お客様一人ひとりの将来への安心をトータルにサポート

https://www.oshidakaikei-tms.or.jp/

小田原ドライビングスクール

普通車・二輪だけじゃない、運転免許取るなら当校へ!ドローンスクールも新規開校

http://odawara-ds.com/

小田原の味・和菓子菜の花

よい水と素材にこだわり、つくりたての味―。帰省みやげやご贈答用にも。

http://www.nanohana.co.jp/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

探検しながら落書き

デコリア×小田原フラワーガーデン

探検しながら落書き 社会

なでしこブランドのコラボ

10月12日号

選奨土木遺産に認定

旧熱海線鉄道施設群

選奨土木遺産に認定 文化

小田原市として2件目

10月12日号

新会館整備計画案を発表

小田原箱根商工会議所

新会館整備計画案を発表 経済

旧メガネスーパー本社ビル購入へ

10月5日号

56年ぶり石の彫刻祭

真鶴町

56年ぶり石の彫刻祭 経済

6人の作家が制作風景公開

10月5日号

画面タッチで119番

箱根町

画面タッチで119番 社会

聴覚障害者等の通報に

9月28日号

観光に福祉のおもてなし

観光に福祉のおもてなし 社会

小田原、箱根でボラ体験

9月28日号

日の丸胸に世界陸上へ

相洋高高島さん

日の丸胸に世界陸上へ スポーツ

混合4×400mR 高校生で唯一

9月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク