小田原市湯河原町 遠藤さん、佐藤さん107歳 1市3町で最高齢

社会

掲載号:2019年9月14日号

  • LINE
  • hatena
書道と折り紙が得意な遠藤さん
書道と折り紙が得意な遠藤さん

 9月16日は敬老の日。小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町の1市3町で最高齢者の遠藤静江さんと佐藤サトさんを取材した。

 遠藤さん(小田原市久野)と佐藤さん(湯河原町宮下)は、共に明治45年生まれの107歳。「明治」「大正」「昭和」「平成」「令和」の5つの時代を元気に生きている。

 遠藤さんは7人兄弟の長女として農家に生まれた。5人の子どもと12人の孫、10人の曾孫、3人の玄孫に恵まれ、4月に腰を圧迫骨折するまでは自宅で過ごしていた。現在は特別養護老人ホーム潤生園に生活の場を移したが、食事やトイレも自分で行っており、はきはきとした会話も健在だ。

 規則正しい生活と食事を心がけ、「悲しいこともあるけれど、くよくよしないで先の良いことを考える」ことが元気の秘訣だという。「1人では生きられません。皆さんが良くしてくれるから」と感謝を述べ、令和について「平和で明るい時代を願います」と話した。

 佐藤さんは夫の鶴雄さんが38歳で戦死した後、理容師として3人の息子を育てた。102歳で介護老人福祉施設シーサイド湯河原に入所してからも自分で食事をし、好き嫌いもない。常に周囲への感謝の言葉が絶えない佐藤さんは、施設で一目置かれる存在だという。9月6日に冨田幸宏町長が訪問し「湯河原のチャンピオンですよ」と声をかけると、「皆さん喜んでくださり幸せです。ありがとうございます」と笑顔で応えた。

100歳以上は137人

 高齢化が進む中、1市3町でも65歳以上の高齢者人口が年々増加している。直近の高齢者人口と割合は、小田原市5万6587人(29・67%)、箱根町4245人(36・6%)、湯河原町1万85人(40・45%)、真鶴町3041人(41・95%)。いずれも昨年に比べ0・35から1・2ポイント増えており、神奈川県平均値の25・1%を上回る。100歳以上の人口は、小田原市96人、箱根町10人、湯河原町26人、真鶴町5人で、1市3町で137人。最高齢者はいずれも女性となっている。

大好きな歌を披露する佐藤さん
大好きな歌を披露する佐藤さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook