持続可能な地域社会へ おだわらSDGs実行委 発足

社会

掲載号:2019年10月26日号

  • LINE
  • hatena

 国連が定めた持続可能な開発目標SDGs(エスディージーズ)の普及啓発等を進める「おだわらSDGs実行委員会」が発足した。10月16日には小田原市役所で発足式が開催され、民間を主体とする10人の委員が集まった。

 小田原市は7月、国のSDGs未来都市と自治体SDGsモデル事業に選定された。

 委員会の目的は、地域内での普及啓発等の方策を検討・推進すること。2021年度までの3カ年を重点期間として、重点テーマを初年度から順に「知る」「一歩を踏み出す」「つながる」と設定。SDGsの理解から具体的な行動への後押し、領域を超えた連携等へと進めていく計画だ。

 会長に就任した原正樹さん(小田原ガス代表取締役社長)は、「地域内の事業、商売、団体活動が継続して発展しながら地域の経済を回すことが、SDGsの根底に流れるテーマ。小田原の皆さまと活動していきたい」と意欲を示した。

 発足式には加藤憲一市長も出席。「SDGsという枠組みができたことで各分野の人たちがつながり合い、全体が前に進んでいける」「皆さんの発議、アイデア、実践が小田原の未来を創っていくと受け止め、それぞれの思いを叶えていただきたい」と期待を寄せた。

 この日、おだわらSDGsパートナー制度も発表された。SDGsの理念に賛同し、関連する取り組みを行う企業・大学・法人が対象で、第1次登録を11月6日(水)まで受け付けている。詳細は市ホームページまたは市企画政策課【電話】0465・33・1255へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

結婚式で再生みかん園PR

結婚式で再生みかん園PR 社会

大学生が企画

12月7日号

全線運行は来秋頃

箱根登山鉄道

全線運行は来秋頃 経済

再開の見通し示す

12月7日号

国登録有形文化財へ

湯河原富士屋旅館

国登録有形文化財へ 文化

貴重な建造物として評価

11月30日号

愛称は「ミナカ小田原」

小田原駅東口再開発ビル

愛称は「ミナカ小田原」 文化

万葉集から引用

11月30日号

こよなく愛した箱根の山

こよなく愛した箱根の山 文化

柏木房太郎の生誕110年展

11月23日号

にぎわい戻る大涌谷

箱根町

にぎわい戻る大涌谷 社会

半年ぶりに再開

11月23日号

水産業振興の拠点に

TOTOCO小田原

水産業振興の拠点に 経済

小田原漁港西側に22日オープン

11月16日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月7日号

お問い合わせ

外部リンク