湯河原町議選 新人土屋氏がトップ当選 投票率は過去最低53・93%

政治

掲載号:2020年3月21日号

  • LINE
  • hatena
支援者に囲まれ喜ぶ土屋氏(前列中央)
支援者に囲まれ喜ぶ土屋氏(前列中央)

 任期満了に伴う湯河原町議会議員選挙が3月15日に行われ、新たな町議の顔ぶれが決まった。定数14議席に対して17人が立候補。無所属で新人の土屋由希子氏(無37)が1374票を獲得しトップ当選した。

 土屋氏は、医療費助成の中学生まで拡充、助産院や助産師の誘致を進め安心して子どもを産める町、中学校給食の実現などを訴えてきた。事務所には支援者が集まり当選の喜びに沸いた。土屋氏は「しがらみのない選挙戦ができた」と感謝を述べ「若い子育て世代が住みやすい湯河原町にすることで、移住者も増え人口増につながる。取り組んでいきたい」と語った。土屋氏は吉浜小、湯河原中、小田原高、中央大学卒業。都内の劇団で舞台演出や制作に関わる。結婚後は2児の母として子育て支援活動や講師業に従事した。

 続いての当選は、前回の選挙から360票伸ばし1057票を獲得した善本真人氏(公現64)。

ほか新人3氏も当選

 昨年11月に任期半ばで死去した父でもある松野満氏の遺志を継ぎ出馬した松野洋一氏(無43)は、子どもたちが希望を持てる町づくりなどを柱に町民に訴え1024票で当選した。並木まり子氏の引退を受け出馬した渡辺久子氏(共70)は子ども医療費助成拡充、国民健康保険料引き下げなどを訴え835票で当選した。元高校教諭の熊谷照男氏(無64)は地道な選挙戦を展開。「箱もの行政から住民重視の町へ」をキャッチフレーズに子育て、福祉、観光面など取り組みを掲げ583票で当選した。

投票率は過去最低

 今回の投票率は53・93%で前回投票率56・97%よりも3・04ポイント下落した。過去最低の投票率となり、政治への関心の低さが浮き彫りとなる結果となった。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

北條五代祭り 中止

北條五代祭り 中止 社会

コロナ影響 56年目で初

4月4日号

7月下旬に全線復旧へ

箱根登山鉄道

7月下旬に全線復旧へ 経済

当初計画から前倒し

4月4日号

マンホールで広告 県内初

小田原市

マンホールで広告 県内初 社会

企業・団体PRに蓋を活用

3月28日号

発達障害 切れ目なく支援

発達障害 切れ目なく支援 社会

小田原市に機能集約拠点

3月28日号

選手へのエール描き『金』

刀称秀篤さん(相洋中2年)

選手へのエール描き『金』 文化

東京2020オリパラポスター

3月21日号

新人土屋氏がトップ当選

湯河原町議選

新人土屋氏がトップ当選 政治

投票率は過去最低53・93%

3月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月4日号

お問い合わせ

外部リンク