小田原市誕生から80年 記念事業で節目祝う

社会

掲載号:2020年12月19日号

  • LINE
  • hatena
投票1位の「海へと続くトンネル」=小田原市HPより
投票1位の「海へと続くトンネル」=小田原市HPより

 小田原市が12月20日(日)、市制施行80周年を迎える。新型コロナ感染症拡大防止のため式典は行わないが、資料展やインターネットによる市民参加企画など記念事業を展開している。

 企画「未来に残したい小田原の景色」では市HPとSNSで投票を募った。候補20カ所から1位に選ばれたのは「海へと続くトンネル」。西湘バイパス高架下の通路から四角く切り取られた空・海・海岸が見える風景だ。2位「お堀に映る小田原城」、3位「小峯御鐘ノ台大堀切」以下20位までの写真は市HPで公開している。また市民からの「未来に向けたメッセージ」動画は12月20日に公開する。

 地下街ハルネ小田原のハルネギャラリーでは、パネル展を来年1月4日(月)まで開催中。小田原駅周辺の時代ごとの変遷、家族連れでにぎわう小田原城址公園のこども遊園地や動物園等の写真や年表などを展示している。

 東海道最大の宿場町としてその名を知られた小田原。明治時代の町村制施行で「小田原町」となり、1940(昭和15)年に小田原町と足柄町、大窪村、早川村および酒匂村の一部が合併し「小田原市」が誕生した。その後も周辺町村と合併を行い71(同46)年の橘町との合併により現在の姿となった。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

北條五代祭り 通年に変更

北條五代祭り 通年に変更 文化

パレードは2年連続中止に

3月6日号

コールセンター開設へ

1市3町

コールセンター開設へ 社会

新型コロナ ワクチン接種で

3月6日号

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク