小田原市民会館大ホール 謎めく壁画、構想図発見 有志調査隊が報告

文化

掲載号:2021年7月17日号

  • LINE
  • hatena
1階壁画の前で解説する深野さん
1階壁画の前で解説する深野さん

 7月31日(土)に閉館を迎える小田原市民会館で7月7日、閉館記念事業「最後のオープンデイ」が開かれ、大ホールホワイエの壁画についての調査結果が報告された。

 1962年に開館した「小田原市民会館大ホール」。「市民にもあまり知られていない建築デザイン的魅力がある」と語るのは、同会館の閉館前にその記録と謎を追うために結成された有志調査チーム「市民会館思い出アーカイブ隊」の深野彰さん(72)。同隊は小田原市の文化レポーターなど8人からなり、昨年夏から1年がかりで歴史を辿ってきた。その中で、「特に謎めいていた」という大ホール1階と2階にある壁画に着目した。

 「市民には壁画という意識はないかもしれない。単に赤く塗られた壁だと思っている人も多い」。壁画は、画家の故・西村保史郎さんの作品だったことが2年前に明らかになっていたが、大ホールの設計事務所はすでに廃業しており、設計への思想や構想は長年不明だった。今回の調査により、小田原市に残されていた構想検討時のデザイン図画が発見された。「図面は実際の壁画とは異なるが、1階と2階を一体化したデザインで国道1号線から正面の全面ガラス窓を通じて壁画が見えるように意図されたと想像できる」と深野さん。完成時は、1階の真紅と2階の群青との鮮やかな対比が見どころだったという。ところが、わずか3年後に目の前に本館が建築され、その姿が隠されてしまった。計画変遷の謎は残されたままだが「閉館前に当時の大ホールの姿を市民に伝えられてよかった」と語った。来館した市民から「建築と壁画のすばらしさに驚いた」「残す方法はないのか」と惜しむ声も聞こえた。

 最終日の7月31日は午前10時から会館の歴史を展示するほか、午後6時30分から大ホールで閉館セレモニーも予定(入場無料、予約不要)。

企画構想検討時のデザイン図面(小田原市提供)
企画構想検討時のデザイン図面(小田原市提供)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

小田原三の丸ホールが開館

小田原三の丸ホールが開館 文化

9月5日 記念事業も

9月4日号

コロナ対策に約11億円

小田原市9月補正予算

コロナ対策に約11億円 政治

デジタル整備、商品券など

9月4日号

新型コロナお盆で感染増

小田原・箱根・湯河原・真鶴

新型コロナお盆で感染増 社会

若年層・家庭内で

8月28日号

市が指定管理者 再募集

国府津駅隣接新駐輪場

市が指定管理者 再募集 社会

応募0件で要項改定

8月28日号

あっとほーむデスク

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

  • 8月21日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook