プレミアム付商品券 紙・デジタル2本立て 小田原市 発行額7億6千万円

経済

掲載号:2021年9月18日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市議会は9月15日、新型コロナ感染症関連の緊急経済対策事業として、プレミアム付商品券事業費2億1800万円(発行総額7億6000万円)の補正予算を可決した。商品券は11月中旬に販売、使用期間は12月1日(水)から来年2月28日(月)まで。

 市では商品券発行の目的を「売上の低迷が続く市内の商業者と市民の生活を支援し、消費を奮起し地域経済の回復を図るため」としている。昨年12月の「おだわら梅丸商品券」の第2弾で、発行総額を前回より6000万円増やした。

 今回は従来の紙の商品券に加え、スマートフォンなどを通じて利用するデジタル商品券を新たに発行し、地域におけるデジタル化の推進を図る。

 発行内訳とプレミアム率は紙5億円・25%、デジタル2億6000万円・30%。市内在住・在勤・在学者を対象に、紙・1冊(1万2500円分)またはデジタル・1口(1万3000円分)につき1万円で販売する。購入上限は1人3冊(口)まで、両方の購入は不可。また、紙1冊につき1500円分、デジタル1口につき2000円分を大型店以外でのみ利用可能とし、地元商店での消費を促す。なお、会計システムや人員的な要因でデジタル商品券の取り扱いが困難な店舗もあるため、紙とデジタルで取扱店が異なることも想定されている。商品券の販売予約は10月1日(金)から行い、応募多数の場合は抽選となる。

 取扱店の募集は9月20日(月)から10月11日(月)まで。詳細は9月20日以降、小田原市商店街連合会のホームページ(http://www.0465.net)に掲載される。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

乳がん検診啓発で勉強会

小田原ウイメンプラス

乳がん検診啓発で勉強会 社会

元プリプリ 富田さんら協力

10月23日号

地域活性に「ガンダム」

小田原市

地域活性に「ガンダム」 文化

マンホールカード、メダルも

10月23日号

腕時計端末で療養者支援

真鶴町・医療系2団体

腕時計端末で療養者支援 社会

自宅での計測値データ送信

10月16日号

「西側区域」整備へ

鬼柳・桑原地区工業団地

「西側区域」整備へ 経済

市が方針「企業誘致を推進」

10月16日号

牧島かれん氏が初入閣

牧島かれん氏が初入閣 政治

デジタル大臣に就任

10月9日号

エヴァ×箱根が金賞

アニメと異業種コラボ表彰

エヴァ×箱根が金賞 文化

観光による地方創生に評価

10月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

自然の色彩偶然性を表現

自然の色彩偶然性を表現

NEW新九郎で「高木彩展」

10月20日~11月1日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook