真鶴町・医療系2団体 腕時計端末で療養者支援 自宅での計測値データ送信

社会

掲載号:2021年10月16日号

  • LINE
  • hatena
同協会の吉新理事長(左)、松本町長(中央)、葉田理事長
同協会の吉新理事長(左)、松本町長(中央)、葉田理事長

 新型コロナウイルス感染症による自宅療養者への医療支援強化のため、真鶴町は10月12日、(公社)地域医療振興協会、(一財)ファミリーヘルス財団との連携協定を締結した。腕時計型端末「アップルウォッチ」を町内の自宅療養者に配布し、血中酸素飽和度を測定して診療所などに情報を転送するシステムを11月から稼働する。こうしたシステムの導入は、市町村では全国初の取り組みという。

 この取り組みでは、自宅療養者がアップルウォッチを装着し、血中酸素飽和度を計測して真鶴町国民健康保険診療所にデータを転送。診療所内の端末で医師が常時確認できるようにすることで、リアルタイムでの情報共有を可能にする。客観的な数値を簡易に把握し、重症化リスクの早期発見につなげるほか、医師に「モニタリングしてもらっている」という患者の安心感を高めることが期待されている。

 町はアップルウォッチを10セット用意。また同協会は資機材の管理や自宅療養者ケアのオペレーション全般、同財団はソフトウェア開発や診療所のサポートなどを担う。

 12日に真鶴町の松本一彦町長、同協会の吉新通康理事長、同財団の葉田甲太理事長(同診療所管理者兼診療所長)が集い、協定書に署名した。

 総合診療医の葉田理事長によると、計測の結果、血中酸素飽和度が93を下回った場合は入院が必要と考えられるといい「すぐに患者に連絡し、小田原市立病院など近隣の医療機関への入院を促す」と話す。

 町によると、町内での新型コロナ感染者数は、昨年4月25日〜今年5月18日で9人。ただ今年7月5日〜9月17日では38人と急増したため、松本町長は「大きな危機感を持った。人口の少ない町だからこそできる独自の施策として継続し、町民の安心づくりを進めていきたい」と話した。

アップルウォッチを装着して測定
アップルウォッチを装着して測定

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook