小田原市議会 小学生向けに報告会 「地方自治に関心持って」

政治

掲載号:2022年1月8日号

  • LINE
  • hatena
演壇で学習成果を発表する町田小の児童
演壇で学習成果を発表する町田小の児童

 小田原市議会(大川裕議長)が昨年12月17日と21日、市内小学校を議場に招き「議会報告会」を開催した。地方自治に関心を持ってもらおうという試みで、市議会・市議会議員が主体となって行うのは初めて。

 小田原市議会では、議会改革として「開かれた議会」を方針のひとつに掲げている。

 小学校による議場見学は、過去にも学校の要望に応じて実施されてきたが、今回は「議会報告会」という位置づけで、見学だけでなく、議会活動を知ってもらう「広報」と、意見交換をする「広聴」の意味を持たせて実施した。

 17日は、町田小の6年生約60人が議場を訪問。児童は議員席や執行部席に座りながら、議員から市議会の役割などの説明を聞いた。

 続いて、代表児童7人が順番に演壇に上がり、社会科の授業で学習・調査した成果をタブレット端末を操作しながら発表した。発表内容は「少子化」「人口減少」「防災」など社会課題がテーマで、それぞれが「50円で利用できてお菓子やジュースが飲んだり食べたりできる公園をつくる」「おむつを無料配布する」「30万人が避難できるシェルターをつくる」などの解決策を発表した。それを受け議員が児童に質問したり、良い点を指摘したりした。

 21日は、早川小の6年生24人が訪問し、議場のほか議長室、委員会室などを順番に見学。見学後は、議長席で児童が司会をしながら、議会に関する質疑応答を行った。

 2日間とも応対は、議会広報広聴常任委員会の委員が対応した。委員長の井上昌彦市議は、「子どもたちなりに社会の問題を考えていて頼もしい。この報告会で議会を身近に感じてもらえたのでは」と話した。

 大川議長は「将来的に地方自治に関心を持ってもらうきっかけになれば。また日頃の議会と違い、児童からいきなり投げ掛けられる質問や素朴な疑問に対し、いかに分かりやすく説明するかなど、議員も勉強になると感じた」と感想を述べた。また「学校の要望があれば、今後も議会報告会を開催したい」と話している。

議長室のいすに座る早川小の児童
議長室のいすに座る早川小の児童

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

自宅療養者を支援

1市3町

自宅療養者を支援 社会

食料品手配など展開

1月22日号

キッチンカー「食べて応援」

小田原市

キッチンカー「食べて応援」 社会

市役所駐車場などを活用

1月22日号

なりわい文化を発信

全国産業観光フォーラム

なりわい文化を発信 文化

小田原市で2月17日、18日

1月15日号

ゆかりの地通じ街をPR

大河ドラマ

ゆかりの地通じ街をPR 文化

『鎌倉殿の13人』で市町活性化へ

1月15日号

2,270人が新成人に

1市3町

2,270人が新成人に 社会

小田原、真鶴で前年比増

1月8日号

小学生向けに報告会

小田原市議会

小学生向けに報告会 政治

「地方自治に関心持って」

1月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook