神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

国府津駅 期間限定ミュージアムに 歴史と思い出、振り返る

文化

公開:2023年2月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
展示品を紹介する宮里駅長(左)と本藤さん
展示品を紹介する宮里駅長(左)と本藤さん

 鉄道開業150年、国府津駅開業135年を記念し、3月31日(金)まで国府津駅(宮里豊駅長)で「みんなのこうづ 思い出ミュージアム」が開催されている。地域住民らから集めた、同駅の思い出や写真を展示している。

 1887年に開業し、ターミナル駅として多くの人が訪れた国府津駅。明治中期から大正にかけ鉄道の街として栄えた。機関車を収容する機関区が存在感を放っていたという。熱海線(現在の東海道本線)の開通や路線の電化、機関車の運行停止など、時代の流れとともに機関車基地としての役割を終え、1982年に機関区も撤去された。

 「国府津には何もないと言われるが、鉄道の歴史がある」と、同駅職員の本藤絢香さんは魅力を伝える企画を考え、地域の老若男女から同駅にまつわる63のエピソードと写真14点を集め改札前と駅構内に展示。また地域に協力を呼びかけ、地元パン店の古谷恵瑠花さん=人物風土記で紹介=が「飾りパン」で鉄道を表現。東海道線で初めて駅弁を販売した駅として、東華軒の駅弁の歴代の掛け紙などを展示している。期間中は、鉄道利用者に記念ポストカードを配布している。本藤さんは「地域の人と一緒に思い出を振り返れたら」と話した。

鉄道を表現した「飾りパン」
鉄道を表現した「飾りパン」

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook