神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

箱根町 出産育児の相談スマホで 24時間受付、医師らが回答

社会

公開:2023年9月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
LINEのトーク画面から相談の申込みなどができる
LINEのトーク画面から相談の申込みなどができる

 箱根町は9月1日、産婦人科・小児科の専門医や助産師にオンラインで無料相談できるサービスを試験的に取り入れた。24時間相談受付ができる仕組みを整え、安心して出産や子育てができる環境構築を目指す。来年3月末まで運用し本格導入に向け検討を進める。

 現在、箱根町には小児科・産婦人科の専門医療機関がない。昨年末には町内の診療所が閉院し、出産や子育てなどの相談で町外に出向くことが必要になるケースもあった。医療機関を新設することが難しい中で、安心できる環境を整えようと株式会社Kids Public(東京都千代田区)に委託し同サービスを試験的に導入した。

 利用は箱根町民限定。母子手帳の受け取り時や、町内の未就学児、小・中学生に配布されるチラシから専用のLINEまたはwebサイトにアクセスし、チラシに記載されている「合言葉」などを入力して会員登録する。予約なしで助産師にチャットで相談できるほか、web上で相談内容を送ることで、原則24時間以内に専門医からの返信が得られる。平日午後6時〜10時の夜間相談は予約制で、チャットのほか音声・動画通話も可能。「妊娠してから便秘と腰痛がつらい」「子どもの肌荒れが良くならない」など、医療のほか健康や育児に関する相談も無料で受け付けている。

 子育て支援課の担当者は「核家族化が進み、身近に親としてのモデルがいない。ネットの情報で何が正しいか分からないときには、専門家に相談できる。サービスがあることによる安心感や利便性を確かめていければ」と話している。

 サービスの利用方法や事業に関する問い合わせは同課【電話】0460・85・9595。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook