旭区版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

人気児童書『イケカジなぼくら』の著者の 川崎 美羽さん 今宿南町在住 35歳

「書くこと」続け、今の自分に

 ○…『ヴァンパイア大使アンジュ』や『イケカジなぼくら』シリーズなど、数多くの児童書を世に送り出す。著作は、学校の図書室でも人気を博し、小学生から中学生まで、多くの子どもたちの心をつかんでいる。先日、白根小学校に招かれ、自身の作品のファンである生徒らと交流した。「読者の存在は、本を書いていく源。読者の生の声を聞けてうれしかった」と喜びの表情を浮かべる。

 ○…デビューしてから、累計で30冊もの児童書を書いてきた。現在執筆中の『イケカジ』シリーズは、中学生の女の子が友人たちと「イケてる家事」に奮闘する話。物語を書いている時は、どっぷり世界に入り込む。「登場人物が勝手に動いていくんです。私はそれを追いかけて書いている感覚」。頭の中でイキイキと活動するキャラクターたちの存在が、ページをめくるたび、読み手がワクワクする展開を作り出す。

 ○…「書いていないと自分でいられなくなる」。著作の数々は「子ども」のような存在だ。「命を削って書いている」。そんな言葉も大げさではない。子どもの頃はいじめに苦しめられた。「どのタイトルにもいじめのシーンを入れています」。作品を通して、辛い記憶と向き合い、感じ取ったことも読者へ届ける。24歳で結婚するも、当時の夫から暴力を振るわれ離婚。怒鳴り声におびえる日々の中「作品を書くことが支え」だった。嬉しい時も、悲しい時も原稿を書き続け、今の自分がここにいる。

 ○…それは「運命」だったのだろう。高校中退後、市内の建築事務所で働いていた16歳の時。アシスタントを探していた脚本家の男性と、市内の書店で出会い、物書きの道に踏み出した。初めて自分の本が発売された時は「本当に売っているのか本屋に行って確かめた」。棚に並ぶわが子を見つけた時の感動は、30冊目を出版した今も変わらない。「作家になれて良かった」。心から思える瞬間だ。

旭区版の人物風土記最新6件

川村 丈夫さん

県内外の小学6年生で結成された横浜DeNAベイスターズジュニアチームの監督に就任した

川村 丈夫さん

12月14日号

梅田 嘉明(よしはる)さん

一般社団法人 横浜市民間病院協会の会長として、民間病院の連携に取り組む

梅田 嘉明(よしはる)さん

12月7日号

土井根 佳世子さん

「着物ドール」のほか、花にまつわるさまざまな講座を開く

土井根 佳世子さん

11月30日号

西山 宏二郎 さん

今年で40周年を迎えた旭区ソフトボール協会の会長を務める

西山 宏二郎 さん

11月23日号

石村 英樹さん

日本華佗五禽戯気功協会の理事長を務める

石村 英樹さん

11月16日号

小澤 淳(じゅん)さん

「鎌倉・横浜スケッチ会」などの代表を務め、11月27日から個展を開く

小澤 淳(じゅん)さん

11月9日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク