金沢区・磯子区版 掲載号:2017年4月6日号

4月8日(土)に2代目シーサイドラインプロモーションガールに就任する

幸野 ゆりあさん

横浜市在住 26歳

自信つけ「地元の誇りに」

 ○…長かった髪をばっさり切って決意を表した。ショートヘアがトレードマークの、シーサイドラインキャラクター「柴口このみ」の”リアル版”として親しまれる存在を目指す。「実は水泳が得意なところも、愛称の”こゆり”もこのみちゃんに似ている」。地元・横浜が活動の舞台になることもあり「やるしかない」と使命感が背中を押した。「地元でもまだまだ知らないことがある。シーサイドラインの魅力と一緒に、広く外に発信したい」

 ○…鶴見区で生まれ、すぐに横須賀へ。海や山で活発に遊んだ少女が、小学6年で渡ったのがNY。授業で積極的に質問し、思い思いの洋服で個を表す同級生の姿に衝撃を受けた。「自分を表現することを恐れない。周りと違って良いんだと思った」。帰国すると磯子区の高校へ。渡米の間に、雑誌の表紙を飾るまでになった小学校時代の友人に目を奪われた。もともと抱いていた芸能界への興味が膨らみ、背中を追うように”周りと違う”道を歩みだした。

 ○…明治学院大に進学するとエキストラとして活動をスタート。初めて受けたオーディションがきっかけで、15代目「復活!ミニスカポリス」に就任。22歳からはアイドルユニット「怪傑!トロピカル丸」の一員としてステージに立ち始めた。それもつかの間、メンバーの卒業もあり勢いが陰りだす。ファンが減っていくなか思い出すのは「大勢のお客さんの前で歌う快感」。いつか這い上がりたい――それが原動力だった。

 ○…「たくさんの人を笑顔にしたい」。この仕事に魅了される一番の理由だ。実現するために芝居や歌、声優など何でも挑戦する。一昨年までは地下アイドルとしてソロ活動に専念。「曲や衣装決め、MCの内容、会場での物販も完全に一人。場を踏むことで自信がついた」。たった一人で担うPR役だが、今の自分なら力になれるかもしれない。「地元の誇りになりたい」。笑顔がこぼれた。

6/4くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

中野 雅子さん

6月23日に杉田劇場でジャズライブを開催する

中野 雅子さん

5月25日号

蛯原 直美さん

今年度の横浜観光親善大使に選ばれ、街の魅力を発信する

蛯原 直美さん

5月18日号

加々美 マリ子さん

子ども食堂「すくすく」を立ち上げ、4月から毎月第一土曜に開催している

加々美 マリ子さん

4月27日号

伊藤 有壱さん

「全国都市緑化よこはまフェア」のシンボルキャラ「ガーデンベア」をデザインした

伊藤 有壱さん

4月20日号

茂山 瑶(ひかり)さん

5月2日に杉田劇場でピアノリサイタルを開催する

茂山 瑶(ひかり)さん

4月13日号

榊 剛史さん

3月から定期開催となった「関内駅チカアート市」を主宰する

榊 剛史さん

3月23日号

<PR>

関連記事(ベータ版)

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    物語でめぐるわが街

    『金澤八景』 田山花袋著(『東京近郊一日の行楽』博文館所収)文・協力/金沢図書館

    5月25日号

  • 六浦津と朝夷奈切通

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第4回

    六浦津と朝夷奈切通

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    5月25日号

  • ゆずの素めぐり

    デビュー 祝 20周年

    ゆずの素めぐり

    磯子区岡村 三殿台遺跡

    5月25日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年5月25日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/