中原区版

2014年7月の記事一覧

  • 自民前県議、”脱法ドラッグ”所持逮捕の衝撃

    民主党市議団市政レポートNo.47

    自民前県議、”脱法ドラッグ”所持逮捕の衝撃

    川崎市議会議員 おしもとよしじ

    政界に衝撃 脱法ドラッグ吸引が原因と疑われる事件や事故が全国で頻発。警察庁によると、脱法ドラッグの使用後に事故を起こして交...(続きを読む)

  • (仮称)小杉小学校 開校年度変更について平成29年度から平成31年度に

    寄稿

    (仮称)小杉小学校 開校年度変更について平成29年度から平成31年度に

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     小杉駅周辺地区ではJR南武線をはさみ南側のまちづくりが進むことに平行して南武線の北側地区を中心とし新たなまちづくりが進行しています。大規模かつ複数の集合住宅の...(続きを読む)

  • 子育て支援新制度について

    市政報告

    子育て支援新制度について

    民主党川崎市議団 うしおだ智信

     来年4月から「子ども・子育て支援新制度」が実施されます。新制度では、保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすく働きやすい社会をめざすことや、「認定こ...(続きを読む)

  • 中原区の防犯の現状と今後

    市政レポート

    中原区の防犯の現状と今後

    川崎市議会議員 松川 正二郎

     人口増加や大型商業施設の開店等に伴い、人の往来が多くなってきています。そこで憂慮すべきことは犯罪です。特に中原区は自転車盗を始め、オートバイ盗や車上狙い、ひっ...(続きを読む)

  • 相続税、消費増税、あなたの家は大丈夫?

    相続税、消費増税、あなたの家は大丈夫?

    8月8日、地元税理士がセミナー 参加者募集

     いよいよ半年後に迫った税制改正。更に来年1月からは相続税の基礎控除額が4割削減され、税率は一部引き上げられる。そのため、今まで相続税の対象にならなかった人も、...(続きを読む)

  • 時代は変わったのに、憲法は変わったか?

    県政報告

    時代は変わったのに、憲法は変わったか?

    みんなの党 神奈川県議会議員 日浦和明

     地方分権・道州制など、地域のあり方について様々な議論がされておりますが、戦時中に構築された現在の官僚統制・中央集権体制から、地域主権型の道州制への移行は重要で...(続きを読む)

  • バイクで家計の節約を

    ガソリン高騰で注目度上昇

    バイクで家計の節約を 社会

    下取り活用でお得に買換えも

     ガソリン価格の高騰が続いている。14日付けのガソリン平均小売価格は16週連続で値上がり、1リットル当たり169・9円。環境税と消費税というダブル増税...(続きを読む)

  • 国技館でぶつかる

    輝く小学生

    国技館でぶつかる

    平間小6年 永池くんが全国へ

     市立平間小学校6年生の永池倭(やまと)くんが、8月3日に両国国技館で行われる『第30回わんぱく相撲全国大会』に出場する。 永池くんは小...(続きを読む)

  • 人間らしい働き方と子育て環境の整備を

    意見広告

    人間らしい働き方と子育て環境の整備を

    日本共産党中原区 仕事・暮らし・県政相談室長 君嶋ちか子

     県政に関わり、重点を2つあげたいと思います。 1つは雇用問題です。私は公共職業安定所で長年仕事をしてきました。派遣労働を初めとした不安...(続きを読む)

  • 新城小に藤の木を寄贈

    川崎巽LC

    新城小に藤の木を寄贈

    藤枝巽LCが協力

     川崎巽ライオンズクラブ(古谷和弘会長)が結成30周年を記念して新城小学校に藤の木と藤棚を寄贈した。7月18日には全校生徒の前で贈呈式が行われた。...(続きを読む)

  • 「区の木」を決めよう

    魅力アップへ

    「区の木」を決めよう 社会

    8月1日から応募開始

     中原区は、川崎市制90周年を記念してシンボルとなる「区の木」を制定する。これを受けて、8月1日から9月16日まで、どれが区の木にふさわしいか意見を募集する。現...(続きを読む)

  • なかはらっぱ祭り賑わう

    なかはらっぱ祭り賑わう

    39団体が活動を紹介

     今年で10回目となる「なかはらっぱ祭り(なかはら市民活動の集い)」が7月21日市民館で開催された。 なかはらっぱ祭りは、区役所5階の区民交流センター「なかはら...(続きを読む)

  • 全員でタイトル獲得を

    全員でタイトル獲得を

    (株)川崎フロンターレ代表取締役 武田信平

     ワールドカップも終わり、ドイツが地力を発揮して優勝しました。 日本代表は、フロンターレから選出された大久保選手が大気炎を吐いてくれまし...(続きを読む)

  • 区民の意識向上が犯罪抑制に

    区民の意識向上が犯罪抑制に

    中原警察署長 陶山和美

     3月に赴任し、感じることは若いご家族が多いことです。またご年配の方も元気で街に活気があることを実感します。一方で、懸念されるのは新しく入られた住民の把握が追い...(続きを読む)

  • 人口減少時代を見据え、住民意見を反映したまちづくりを

    寄稿

    人口減少時代を見据え、住民意見を反映したまちづくりを

    川崎市議会議員 市古 てるみ

     武蔵小杉駅周辺の景観はここ数年で大きく変貌しました。真上を見上げるような超高層マンションが林立し、間を縫って歩く道路にはいつも強い風が吹いています。...(続きを読む)

  • 保育所整備地を募集

    川崎市

    保育所整備地を募集

    「採算合わない駐車場など」

     川崎市は保育所整備を進め、民有地を運営法人に貸し出す土地所有者を公募している。待機児童を解消する策の一環。 原則、市街化区域で概ね50...(続きを読む)

  • 若者・障害者をはじめ、安心して仕事が続けられる地域社会を

    寄稿

    若者・障害者をはじめ、安心して仕事が続けられる地域社会を

    川崎市議会議員 おおば裕子

     中原区は大企業をはじめ関連企業も多い地域です。その1つに数えられる半導体大手ルネサスエレクトロニクスで大規模なリストラ計画が出されています。5400人を削減し...(続きを読む)

  • 異業種がコラボ企画

    新丸子

    異業種がコラボ企画

    ゴールデンルートクラブ

     新丸子のジャンルの異なる店舗が集まって、このたび「新丸子ゴールデン・ルートクラブ」が発足した。同クラブは「町をもっと面白く、楽しい場所にするために」をテーマに...(続きを読む)

  • 看板で「暴力追放」

    看板で「暴力追放」 社会

    暴力団排除対策推進協議会

     中原区暴力団排除対策推進協議会(廣山宗一会長)は7月17日、中原警察署で啓発看板の除幕式を行った。 当日は、陶山和美署長をはじめ、会員...(続きを読む)

  • 災害の積み重ねを自主防災に生かす

    災害の積み重ねを自主防災に生かす

    中原消防署長 高嶋敏

     「マイナスの災害文化」という言葉を耳にしたことはありますか?実は人間は自分が経験した危険なことを軽視して人に伝えたり、都合の良いように話をしたりします。3年前...(続きを読む)

  • より重要となる地域のつながり

    より重要となる地域のつながり 社会

    NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント理事長 安藤均

     NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント(通称・エリマネ)は、武蔵小杉周辺の8棟のマンションが加盟し、住民と周辺町会、商店街、行政との橋渡し的役割を担っています...(続きを読む)

  • 災害時に向け地域の”絆”の強さを

    災害時に向け地域の”絆”の強さを

    中原区町内会連絡協議会会長 石井康昭

     中原区町内会連絡協議会は75の町内会や自治会によって組織され、約8万3000世帯が加入しています。中原区の世帯数は現在約11万7000世帯であり、同会への加入...(続きを読む)

  • 地域に期待される商店街であるために

    地域に期待される商店街であるために

    中原区商店街連合会会長代行 柳沢正高

     景気回復へ明るい兆しが見えてきたと言われていますが、商店街を取り巻く環境は依然厳しく、消費増税の影響や中小企業の賃上げ停滞等の先行きの不透明感などで、地元商店...(続きを読む)

  • 新旧住人の交流で地域の活性化を

    新旧住人の交流で地域の活性化を

    第4・5期区民会議委員 板倉徹

     中原区区民会議の第4期が解散し、現在は第5期の準備に取り掛かっているところです。4期では中原区にお住まいのママさんを交流の場を持って応援するママカフェや、防災...(続きを読む)

  • 市政に住民の声を

    川崎市

    市政に住民の声を

    市民検討委員を募集

     川崎市では新たな総合計画づくりに向けた市民参加の取組として、市民検討委員会の委員を募集する。 募集期間は8月14日(木)まで。対象は2...(続きを読む)

  • 花と緑と人、住んでいて良かった街に

    花と緑と人、住んでいて良かった街に

    なかはら20年構想委員会

     日本一の人口増加率となった中原の小杉地区には超高層マンションが建ち並び、街の風景も年々大きな変貌を遂げています。私たちは”20年後のもっとすてきななかはら”を...(続きを読む)

  • 夏休み予算ほぼ横ばい

    川崎信金調査

    夏休み予算ほぼ横ばい

    ボーナス増も堅実傾向

     川崎信用金庫がこのほど、「夏のボーナス」と「夏休みの過ごし方」についてのアンケートの調査結果を発表した。ボーナス額が増加傾向にあるのに対し、夏休みにかける予算...(続きを読む)

  • 溝口でチャリティカット

    7月29日

    溝口でチャリティカット

    市内の理美容師が企画

     市内の美容師、理容師らで構成するNPO法人プリックジャパンビューティーが7月29日、チャリティーカットを溝口の「てくのかわさき」で開催する。「世界の子どもたち...(続きを読む)

  • 住吉クラブがV

    住吉クラブがV

     区内の少年野球チームが集う『中原区選抜小学生野球大会(丸子地区少年野球連盟主催)』が7月6・13日に、多摩川河川敷の野球場で行われた。熱戦続きのリーグ戦の末、...(続きを読む)

  • 大野 清一さん

    国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)ガバナーに就任した

    大野 清一さん

    横浜市在住 73歳

    「世のため人のため」を実践 ○…社会奉仕のためさまざまな活動を世界で繰り広げているロータリークラブ。横浜・川崎の60クラブ...(続きを読む)

最近よく読まれている記事

中原区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

  • 「仮線高架」工法決定

    JR南武線連続立体交差事業の取組報告【2】 市政報告vol.30

    「仮線高架」工法決定

    川崎市議会議員 末永 直

    12月8日号

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク