中原区版 エリアトップへ

2019年3月の記事一覧

  • 「海苔の奥深さ伝えたい」

    海苔問屋高喜商店

    「海苔の奥深さ伝えたい」

    4月1日、直営ショップがリニューアルオープン

     日本食が世界で市民権を得ていく中、注目を集める食材がある。手巻き寿司などに使われる海苔だ。栄養価が高く、カロリーは少ないスーパーフードとして、関心が高まってい...(続きを読む)

    3月29日号

  • 夫婦で206歳、ともに歩んだ昭和・平成

    夫婦で206歳、ともに歩んだ昭和・平成 社会

    木月大町の内田文三郎さん・八重子さん

     大正、昭和、平成を歩み、合わせて206歳になる夫婦が中原区にいる。内田文三郎さん・八重子さん夫妻だ。文三郎さんは大正元年11月23日生まれの106歳、八重子さ...(続きを読む)

    3月29日号

  • 介護予防は自分でできる

    介護予防は自分でできる

    「いこい元気広場」参加者募集

     川崎市は、市内の各地にある「いこいの家」で、転ばない体づくりのための体操や、介護予防ミニ講座を行う「いこい元気広場」を週1回、実施している。自分の体力に合わせ...(続きを読む)

    3月29日号

  • 発言内容を傍聴席で表示

    川崎市議会

    発言内容を傍聴席で表示 政治

    AIが音声文字化

     川崎市議会の傍聴席に、審議の発言を文字情報で同時に表示するモニターが登場した。2月から3月に行われた第1回定例会から導入されたのはAI(人工知能)による音声認...(続きを読む)

    3月29日号

  • 養護学校にパラ競技器具

    養護学校にパラ競技器具 教育

    向の岡高生徒から贈呈

     パラリンピックの正式種目にもなっている「ボッチャ」で使用される競技器具「ランプ」の受け渡しセレモニーが3月22日、県立中原養護学校(片山由美校長)で行われた。...(続きを読む)

    3月29日号

  • フリマで地域交流

    フリマで地域交流 社会

    コアパーク初開催で40組出店

     武蔵小杉駅南口の広場「こすぎコアパーク」で3月23日、フリーマーケットが初開催された。天候の影響で延期となり、予定より少ない約40組の出店となった。...(続きを読む)

    3月29日号

  • 桜の下で丼ぶり味わう

    住吉ざくら×オズ通り商店街

    桜の下で丼ぶり味わう 社会

     神奈川県の「花の名所100選」にも選ばれた渋川沿いの桜並木。約2キロメートル、およそ250本ものソメイヨシノが咲き誇る河川敷で3月30日(土)、「モトスミ桜ウ...(続きを読む)

    3月29日号

  • 初の音楽フェス

    元住吉

    初の音楽フェス 文化

    10組のミュージシャンが集結

     元住吉に馴染みのあるミュージシャンが出演する第1回元住吉ミュージック・フェスティバルが4月12日(金)、国際交流センター(木月祇園町2の2)で開催される。午後...(続きを読む)

    3月29日号

  • 中原みこし連が総会

    中原みこし連が総会 文化

     中原みこし連(立原和行会長)が3月19日、向河原駅近くの飲食店で定期総会を行った。 立原会長は、祭りや神輿の経済効果について期待を込め...(続きを読む)

    3月29日号

  • 塚田 親一さん

    4月12日の「第1回元住吉ミュージック・フェスティバル」を主催する

    塚田 親一さん

    木月在住 72歳

    音楽でつなぐ地域の輪 ○…ジャズ、ボサノバ、ロック、ポップなど、プロアマ総勢10組29人が出演する音楽イベントを企画した。...(続きを読む)

    3月29日号

  • 「平成20年代に街が急変」

    「平成20年代に街が急変」 社会

    郷土史研究家・羽田猛さんに聞く

     平成24年に発行された中原区区制40周年記念写真集編集委員会の副委員長を務めた、郷土史研究家の羽田猛さん(84)。残り僅かとなった平成の、中原区の移...(続きを読む)

    3月29日号

  • 平成最後の「こすぎ花見市」

    平成最後の「こすぎ花見市」 文化

    7日、総合自治会館ほか

     第42回こすぎ名物花見市が4月7日(日)、総合自治会館広場と二ヶ領用水・渋川沿いで開催される。午前10時から午後5時まで、雨天決行。...(続きを読む)

    3月29日号

  • 業界課題の「休日取得」も視野に

    業界課題の「休日取得」も視野に

    (株)OWL(アウル)

     (株)OWL(飯場弥生代表取締役/港北区新横浜)は、振袖などの貸衣装や撮影サービスを行うショップ「It's」の運営会社で、2006年に川崎市...(続きを読む)

    3月29日号

  • 鳥居200年ぶりに新調

    大戸神社

    鳥居200年ぶりに新調 文化

    氏子総代で費用負担

     大戸神社(山本雅道宮司)の鳥居が新しく建て替えられ、3月16日に同神社で竣工祭が行われた。昨年の9月に台風で中央部分が破損。氏子総代らで工事費用を負担し、約2...(続きを読む)

    3月29日号

  • 通告など 10年で4.8倍

    川崎市児童相談所

    通告など 10年で4.8倍 社会

    福祉司、4月に7人増員

     川崎市によると、児童相談所(児相)が受けた児童虐待の相談・通告件数が2017年度に2368件あり、10年間で約4・8倍に増えていることがわかった。市は対応にあ...(続きを読む)

    3月29日号

  • 不断の備えと防災意識気象変動の脅威に備えよ

    市政報告

    不断の備えと防災意識気象変動の脅威に備えよ

    川崎市議会議員 松原しげふみ

     今から95年前の大正12年9月1日(現在は防災の日)は関東大震災が起きた日で、神奈川県および東京府(現東京都)を中心に壊滅的な大打撃を受けました。以来、まちの...(続きを読む)

    3月22日号

  • 教訓が活かされていない!?プレミアム付商品券事業の実態とは?

    市政レポート No.112

    教訓が活かされていない!?プレミアム付商品券事業の実態とは?

    みらい川崎市議会議員団(立憲民主党所属) おしもとよしじ

     前回の消費増税8%の際に実施されたプレミアム付商品券事業では、約2千5百億円の国費を投じたのに対し、消費喚起額は、最大1千億円程度に留まり限定的で、実効性のあ...(続きを読む)

    3月22日号

  • 「お願い」から「約束」の政治へ

    意見広告

    「お願い」から「約束」の政治へ

    地域政党あしたのかわさき 重冨たつや

     政党や政治家はある時期が来ると急に「応援よろしくお願いします」とお願い行脚を行います。これが果たして正しい政治のカタチといえるのか。今から10年前、二十歳の時...(続きを読む)

    3月22日号

  • 進級・卒業を祝う

    学習支援事業

    進級・卒業を祝う 教育

    中3生、全員進学へ

     新城と中丸子の「いこいの家」で週2回行われている「わくわく学習会」に通う子どもたちが3月14日、エポックなかはらで進級・卒業を祝う会を開催した。参加したおよそ...(続きを読む)

    3月22日号

  • 幼児教育無償化に向けて

    市政レポート

    幼児教育無償化に向けて

    自民党川崎市議団副団長 原 典之

     本年10月より、いよいよ幼児教育・保育の無償化がスタートします。消費税増税分を充て、来年度は国が全額負担することで決まっておりますが、川崎市幼稚園父母の会連合...(続きを読む)

    3月22日号

  • 県政を暮らしの味方に

    県政報告

    県政を暮らしの味方に

    日本共産党神奈川県議会 君嶋ちか子

    共産党の議席 ある方が「共産党の議席は命綱」と仰っていました。教育、労働、住宅、生活保護、バス路線、交通安全等など…実に沢...(続きを読む)

    3月22日号

  • 働くための保育・子どものための保育

    意見広告

    働くための保育・子どものための保育

    川崎の未来を考える会 石井 あつや

     川崎市は数年前までは全国の中でも待機児童の多い街でした。近年の政策により川崎市独自の制度の策定、新規保育園の開園などにより完全に解消されたわけではないものの待...(続きを読む)

    3月22日号

  • 難局越え堂々の舞台

    なかはらミュージカル

    難局越え堂々の舞台 文化

    初の自主事業も「地域の協力で」

     市民参加型のミュージカルとして2013年に誕生した「なかはらミュージカル」の第7回公演が3月9、10日に中原市民館で行われた=写真。午前午後の全4回で延べ12...(続きを読む)

    3月22日号

  • ACL制覇へ、執念の勝利

    川崎フロンターレ

    ACL制覇へ、執念の勝利 スポーツ

    シドニーFCに1対0

     サッカーJ1・川崎フロンターレのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のホーム開幕戦が3月13日、等々力陸上競技場で行われた。...(続きを読む)

    3月22日号

  • 働く世代の人間らしい暮らしに、全力行動

    意見広告

    働く世代の人間らしい暮らしに、全力行動

    日本共産党 市古 次郎

     このたび、私は市古てるみ議員からバトンタッチすることになりました。私の何よりの願いは、過度な競争、成果主義に準じた厳しい労働を強いられる、私たち働く世代が、家...(続きを読む)

    3月22日号

  • 事業承継に必要なことは?

    事業承継に必要なことは? 社会

    4月4日にセミナー

     会社等の事業を後継者に引き継ぐ「事業承継」。後継者不足の中小企業が増えている中、最近は小規模の企業でもM&A(合併・買収)するケースが増えているという。...(続きを読む)

    3月22日号

  • 川崎市の豊かな財政は市民のために使おう!

    意見広告

    川崎市の豊かな財政は市民のために使おう!

    日本共産党川崎市議会議員 おおば裕子

     3期12年市議会に送っていただき、地域の皆さんから日々学ばせていただいています。「年金が下がって暮らせない」「国保料が高い」「保育園に入れない」「駅の混雑解消...(続きを読む)

    3月22日号

  • 桃の里復活へ、伝統の催し

    24日

    桃の里復活へ、伝統の催し 文化

     第34回二ヶ領用水中原桃まつりが3月24日(日)、中神地公園(上小田中6の33の5)で開催される。午前9時から午後2時まで。雨天中止、小雨決行。主催は二ヶ領用...(続きを読む)

    3月22日号

  • 総合科学高が校外写真展

    総合科学高が校外写真展 文化

     市立川崎総合科学高校の写真部が3月22日(金)から、校外写真展を中原市民館で行う。部員15人が川崎や東京近郊で撮影した作品を自身で選出。27日(水)まで。午前...(続きを読む)

    3月22日号

  • 佐々木 由佳さん

    2月16日付で、女性として初の県宅建協会第9代事務局長に就任した

    佐々木 由佳さん

    川崎市在住 48歳

    実直な姿勢で会の支柱に ○…平成9年に入職以来、運営管理、宅建業者の開業支援、そして宅建試験の受託など総務畑を中心に歩み、...(続きを読む)

    3月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク